麺許皆伝外観



吉田の人気店 麺許皆伝 



昼時満員の店内

吉田うどんの人気店。昼時ともなれば長蛇の列。駐車場も満車。午後1時過ぎに売り切れることもしばしばの繁盛店だ。
店に入るとまず大きな厨房が目に入る。きびきびと働く店の人達が印象的。
入り口で注文を紙に書いて店の人に渡し、席の空くのを待つ。
カウンターと座敷。相当な人数が入りそうだ。座敷に相席で席を確保。大盛り系のメニューを頼む人が多い。


うどんの特長


厨房でうどんを締めている姿を見ると、うどんが光り輝いている。この吉田に伝わるいわゆる吉田うどん系統の粉ではないようだ。
店名の麺許皆伝は日清製粉の小麦粉のブランド名と同じだから、もしかするとこの麺の小麦粉は麺許皆伝かもしれない。
白く透き通るシュッとしたうどんだ。素朴な吉田うどんとはちょっと違う洗練系都会派吉田うどんだ。
人気メニューは欲張りうどん 500円ちくわ天・肉・きつね・わかめが載る豪華うどん。数量限定らしくこの日は食べられなかった。



冷やしうどん350円ボリューム有り

この日5杯目だったので冷やしうどん350円を注文。茹でキャベツと大根おろしが添えられる。エッジの立った美しいうどんは締められてより固麺のコシを主張。テーブルの上の天かすと擂りだねで味を膨らませる。いわゆる冷やしたぬきになる。ワサビが薬味で添えられるが吉田の冷やしたぬきうどんにはワサビが良く似合う。
麺許皆伝のうどんは吉田うどんという枠から飛び出すオールマイティな美味しさを感じる。
メニューは吉田らしいがトッピングや汁の仕様を変えれば全国区の美味しさだろう。もっとも地元に愛される店であるから全国を目指すことはないのだが。富士吉田では珍しい部類に入るうどん店だろう。その意味では先日紹介したしんたくもこの系統のうどんになるかもしれない



おおぶりの天カスを載せる

麺許皆伝には再訪して温かいうどんで食べ損ねた欲張りうどんを食べてみたい。

麺許皆伝DATA
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田849-1
電話TEL 0555-23-8806
営業時間 11:00~14:00 売り切れ終い有り
定休日 日曜日
駐車場有り

主なメニュー
かけうどん250円
つけうどん300円 冷たい麺に温かいつゆ
肉うどん350円
肉天うどん450円
ちく天うどん350円
天ぷらうどん350円
冷しうどん350円 冷たいうどんにつめたいつゆ
欲ばりうどん500円 肉・ちく天・きつね・わかめ入り
大盛り100円増
その他炊き込みご飯とのセットメニュー有り。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。