耳うどん 野村屋本店



野村屋本店の耳うどん 780円




耳うどんを現在も伝える野村屋

厄払いで有名な佐野厄除け大師。毎年正月は大賑わいになる。
老若男女問わず厄と言われれば何となく神様や仏様にすがりたくなる。
この佐野に厄払いの食べ物がある。


耳うどん


古くは栃木県で広く正月料理として家庭でも作られたようだが、今では佐野の老舗蕎麦・うどん店の野村屋本店の名物メニューになっている。

いわれは悪魔の耳を食べてしまえば家の悪いことが、聞かれることなく悪いことが起こらないからとか。
人の悪口を聞かないため近所づきあいがよくなるとか。



耳に見えますか?

3センチ×6センチの長方形に切り出したうどん生地を二つ折りにして山をつまんで生地に押し付けると耳の形なる。
ワンタンの皮を厚くしたような形である。
元来正月に食べる料理とのことで野村屋では盛り付けの器と具材の伊達巻や蒲鉾、鳴門巻きがその雰囲気をよく伝えている。具材はほかに鶏肉、シイタケ、カニ蒲鉾など。
シイタケと鰹だしをベースにした醤油味のふわっとした汁と素朴な耳うどんの小麦の香りの甘さが口中に膨らむ。
独特のもっちりした食感と汁の旨みでとても楽しい一杯となる。
一説によると昔の農家で食べられたものは自家製味噌によるものだったということであるが、今では味噌も作る人は減ってしまったのだろう。

厄除けの参拝帰りに絶好の食べ物だと思う。
また佐野ラーメンとの連食なども楽しい。


【野村屋本店DATA】
住所:栃木県佐野市相生町2819
電話:0283-22-0396
営業時間
午前11時00分~午後7時40分
定休日
毎週木曜日

野村屋本店のサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。