手打ちうどんを作りましょう。

家庭にある道具とちょっとした工夫で簡単に出来ます。私がうどんにはまったのも自分で作ったうどんが思ったよりもずっと美味しかったからです。まずは手打ちうどんを作ってみましょう。今回紹介するのは讃岐うどんの作り方です。地方地方で作り方は多少異なりますが基本的には小麦粉と塩と水で作ります。

讃岐うどんメーリングリスト極東支部の協力により【麺打ち会】の時の画像を使わせてもらいます。

【実技指導 隊長こと たけやすさん】


【用意するもの】約8人から10人分のうどんができあがります。
【材料】 
小麦粉(中力粉)1000グラム。
打ち粉 コーンスターチまたは片栗粉
塩水 塩50グラム水450グラム(460グラム使用)
【道具】 
大きめのボール。ビニール袋かビニールシート。
麺棒 直径15ミリ程度が使いやすいです。
包丁 麺切り包丁もしくは菜切り包丁など刃がまっすぐ平らなもの。

工程1 【水回し】

【1】塩水作り。塩をよく水に溶かしておきます。460グラム計量します。


【2】小麦粉をボールにあけて塩水を注ぎます。めやすは粉重量の46パーセント前後の重量です。この場合は塩水460グラムです。

【3】乾いたところが無いように混ぜ合わせたら適当にまとめてに丸めます。ぼそぼその状態です。

 

小麦粉と塩水を合わせることを【水回し】と呼びます。