うどん鍋主な材料


冬のご馳走はなんと言っても鍋料理。
いろいろご贔屓はあると思いますがうどんガイドがお薦めするのはなんと言ってもうどんが主役のうどん鍋です。
鍋のあとにうどんを入れて食べるのは当たり前ですが季節の野菜や肉をトッピングにして食べるうどん鍋は今の季節に最適です。


うどん鍋材料


【4人前】
うどん 4玉 出来れば少し太めで美味しいもの。
白菜 5・6枚
長ネギ 2本
エノキダケ 1袋
シメジ 1袋
ニンジン 1/2本
ミズナ 1束
シラタキ 1袋
豆腐 1丁
鶏肉 モモ肉 1
薄切り豚肉  600グラム

細ネギ 薬味用 適量
昆布出汁 2リットル
薄口醤油 100から150cc 味の具合を見ながら調整
日本酒 適量


ありあわせの材料で十分


手順

■2リットルの水に昆布を漬け込んでおき出汁をとります。急ぐときは粉末出汁でも可

■野菜類は手に入るもので何でも良い。洗って水を切り、食べやすい大きさに切っておく。
鍋の良いところは生ではなかなか食べられない量の野菜が沢山食べられることです。

■出汁を土鍋に張り鶏肉を入れて出汁が出るようにします。当然肉は食べます。(笑)

■薄口醤油と日本酒で汁の味を調えて茹でたうどんを入れます。
野菜類に入れて煮えたら豚肉を入れます。薄切りですからすぐに火が通り出来上がり。
小皿ではなくて丼に豪快に盛りましょう。
薬味は青ネギやショウガ、大根おろし、七味などが合います。
普段の倍はうどんが食べられると思います。その場合はうどんの量を多めに用意してください。

さて鍋の締めはどうしますか。
餅を入れて楽しむのもよし、ご飯を軽く洗ってから入れて雑炊も良いです。
炭水化物のオンパレードですが満足、満腹間違いなし。


出来上がり。アツアツをズルズル食べる



    
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。