ぶっかけセット1,260円説明書付き




お店の一番人気かき揚げおろし580円

おいしいうどんを取り寄せたい、友人に送りたいという要望は大変に多いと思います。今回は本格手打ちうどん、それも生うどんが届くという耳寄りなお店のご紹介です。
もり家の店主森田伸二さんはさぬきの老舗うどん店かな泉でうどん職人を20年務めてきたベテランです。もり家は自分の考える理想のさぬきうどんを出すために開いたうどん店です。そのこだわりと熱意で地元で人気急上昇中の一般店、平成13年の7月開店の注目のお店です。
手打ちにこだわる森田さんは通信販売のうどんも手打ち生うどんを提供しています。通販には半生うどんが一般的ですが、本格的な手打ち生麺を出しているうどん屋は意外と少ないものです。なぜかといえば賞味期間が冷蔵でも3日程度と短いこと、また量産が効かないことが一番の問題です。手打ちにこだわれば職人の数で生産量が決まってしまいます。
到着日の余裕をもって予約することをおすすめいたします。



300g入りの生うどん

生うどんの魅力


おいしいうどんにこだわれば、生うどんが一番です。打った翌日に届く生うどんは打ちたてといっても良いレベルです。クール宅配便で生のまま送られてきます。一般論ですが生うどん、生冷凍うどん、半生うどん、茹で冷凍うどん、乾麺という順番で比べれば差がでます。もちろん乾麺でもおいしいうどんは有りますから誤解のないように。

お店で食べるうどんは多加水のモチモチツルツル適度なのびもある理想的な讃岐うどんです。お取り寄せ用のうどんは若干日持ちの対策がしてあってお店とまったく同じではありませんが、そこは賞味期間中(冷蔵到着後3日間)はおいしく食べられるくふうがして有ります。基本の小麦粉やうどんの汁はほとんどお店で出すものと同じです。
親切な説明書どおりに調理すれば讃岐に行かなくても本格さぬきうどんが楽しめます。



大き目の鍋で茹でる

おいしい食べ方


説明書にもありますがなんと言っても茹で方です。絶対条件はたっぷりのお湯で茹でること。1パック300グラム二人分のうどんを上手に茹でるには、3リットル以上のお湯で茹でてください。冷たいうどんメニューの場合うどん投入後18分茹でるのが、もり家の推奨です。温かいメニューの場合で12分です。家庭の火力の問題やお湯の量で若干差が出る場合もありますが、念のため1本取り出して水で締めて食べてみるのがよいでしょう。



蓮見調理例 ざるうどん 

ぶっかけだしの付いてくる組み合わせやつけだしが組み合わされたメニューもあります。だしも本格だしが付いてきますからたっぷりと本場の讃岐うどんがご家庭でも楽しめると思います。



蓮見調理例 肉味噌うどん

【もり家DATA】
761-1704
香川県香川郡香川町川内原1575-1
電話087-879-8815
FAX 087-879-8885
営業時間10時30分から20時
定休日木曜日(祝日の場合は営業)



蓮見調理例ぶっかけうどん

主な通販品目
しょうゆうどんセット 4人前 1,575円 (醤油+すだち)
ぶっかけセット  4人前 1,260円 (ぶっかけだし付き)
ざる釜揚げセット 4人前 1,260円 (ざるだし付き)
本生手打うどん(だしつき) 2人前  420円 (濃縮だし付き)
本生手打うどん 2人前 315円 (うどんのみ)



もり家

本格手打ちうどん もり家のサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。