きしめん専門店 名古屋うどん 池袋店

都内に3店あるお店のひとつ、日頃よくお世話になる日常店の一つである。
今の時期はなんと言っても味噌煮込みうどんが美味しい。店名はそのままズバリなので説明は不要だ。きしめんと味噌煮込みうどん、カレーうどんなどが人気。名古屋名物の定食はご飯とおしんこ(たくあん3切れ)がつく。うどんをおかずにするのは名古屋風なのか。ご飯の上に味噌煮込みうどんを乗せて食べると美味いんだなあこれが・・・味噌煮込みうどん定食850円にオプションの卵をのせてもらってうどんを大盛にしてもらうと大味噌定ギョク付き1050円になる。満足度と満腹度はガイドが保証します。体重増加のクレームはお受けいたしません。


味噌煮込みうどん 大盛 卵乗せ


うどんは機械打ちだがもちもちして食感が良い。ここの味噌煮込みうどんは生うどんを煮込む作り方ではない。一度茹でられたうどんを味噌で煮込む方法だ。どちらかといえば東京人にはなじむのではないだろうか。この店のうどんは普通のうどんだが塩は46億年の塩とこだわりを見せている。味噌は少し甘めの調合で八丁味噌ベースのオリジナルだと思われる。

もう一つこのお店、名古屋うどんの売り物は「きしめん」である。人気は五分五分だというからきしめんファンも根強い。幅広で透明で茹で上げのきしめんは思いのほかプリプリしている。何となく苦手意識があったきしめんだがここのきしめんは強くてよい。さすがに茹で置きは効かないらしいから注文ごとに茹でてくれる。きしめんで作る味噌煮込みもあるが、私は未経験。

茹でたてのきしめん 大盛

メニューはかなり豊富だ。今の時期、味噌煮込みうどんと人気を分かつのがけんちんうどんだ。里芋やこんにゃく、ごぼう、にんじん、油揚げがたくさん入ったけんちんうどんはなんだかほのぼのとした郷愁を誘う。冬季限定メニューである。

季節限定のけんちんうどん 写真は大盛


おまけ
【本場味噌煮込みうどんのうどんには塩の入らない】

今でこそわたしも本物の味噌煮込みうどんは・・・なんて声高に言うのだが初めて食べた時ははっきり言って生煮えだと思ったのである。味噌煮込みうどんは専用のうどんを茹でずに煮込むので、うどんに塩が入らない。入っても極わずかだ。普通に作った生うどんを煮込むとうどんの中の塩が汁に溶けてとんでもなく塩辛くなる。だから煮込みうどん用の生麺は塩の分量が厳格に規制されるのである。その意味では山梨のほうとうや群馬のお切り込みも塩は入らない。また塩の入らないうどんは独特の食感を持つのも共通する。いくら煮ても芯まで煮え切らないようなそんな経験は無いだろうか。このタイプの味噌煮込みうどんを出してくれるのは東京では旗の台の『でら打ち』だけだろう。これがまた癖になるのである。
『でら打ち』については過去のクローズアップを参照してください。

【データ】

名古屋うどん 池袋店
東京都豊島区西池袋1-39-1 宮田ビル1階 (エビス通り)
電話:03-3982-0019
営業時間11:00~15:30、17:00~22:00 定休日 日曜日

名古屋うどん 早稲田本店
東京都新宿区西早稲田3丁目13-3
電話:03-3203-1031  定休日 日曜日

名古屋うどん 都立家政店
東京都中野区 若宮3-37-11 
電話:03-3336-9081  定休日 月曜日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。