『出会い系サイト』や『アダルトサイト』

1人で悩まず、消費生活センターなどに一刻も早く相談を。

1人で悩まず、消費生活センターなどに一刻も早く相談を。

男性だけでなく、女性も『出会い系サイト』や 『アダルトサイト』を利用することがあります。「無料」という言葉にひかれて、あるいはネットサーフィンをしているうちに知らずにそうしたサイトに入ってしまう場合もあるでしょう。そして、思わず「クリック」してしまうことから、危険が忍び寄ってきます。

確かに「無料」と書かれていたはずなのに、クリックしたら「ご入会ありがとうございます」「ご登録されました」など、「えっ?」「ウソッ」「なんで?」と混乱している間に、登録料と称して2万いくらといった金額の請求メールが届きます。または、確かに以前、どこかのサイトでクリックしたけど、別に登録したつもりはなかったし、ただチラッと見ただけなのに…と呆然としたりします。

ところが、「登録料が未払いとなっており、延滞金も加算されて○○円を至急お振込みください」といったメールが届くと、ますますおびえてしまうのです。さらに、「○日までにお振込みがない場合は、直接、自宅や勤務先に回収に伺うことがあります」などと書いてあると、もうこれは支払うしかないかもしれない…と切羽詰ってきます。

誰かに相談したくても、きっかけが『出会い系サイト』であったり、『アダルトサイト』であったりするため、羞恥心から、相談することができないのでしょう。それでも、インターネット上にはそうしたトラブルを回避するための知恵や知識を得ることのできるサイトもあるのですが、自分のメールアドレスに直接届いたメールに衝撃を受けてしまい、書かれてある電話番号に連絡をしてしまう場合があるようです。

電話をかけると、「番号を通知してかけるように」と指示されるため、携帯電話などで番号通知でかけると、ほとんど男性が出ます。そして、「登録されているので至急、延滞金も含めて支払うように」といった内容のことを一方的に言われてしまいます。「登録したことはないのですが」といっても、「いや、こちらに記録が残っているから。早くしないともっと延滞金が加算されます」などと言われてしまいます。

女性だからこそ、誰にも相談できなかったり、ひとりで悩んだりしてしまうかもしれません。そうして、実際に「2万数千円なら」と振り込んでしまったりする人もいるようですが、これは「架空請求」であり、支払う必要はまったくないものです。「IPアドレス」を把握しているとか、電話番号を知られてしまったとかで、逃げられないと思い込んでしまうのかもしれませんが、不当で架空の請求に対して支払う必要はまったくありません。

相談するところを知っておきましょう

「国民生活センター」や自治体などの消費生活センターなどに一刻も早くご相談してください。「無視するように」と言われても、度重なる請求メールや電話などで恐怖心にさいなまれるようなことがあってはなりません。きちんと対応すれば、まったく支払う必要はないものなのです。


「無料」やまったく別の文言の箇所をクリックしたのに、いきなり「登録終了」などとなること自体がそもそも間違っているのです。やっと探して見つかる程度のところにちょっとだけ言い訳のように「有料」と書かれていたりするような、人を戸惑わせるようなサイトの作りになっていたりするので、怪しいサイトや不自然なクリック箇所などはできる限り避けてネットサーフィンを楽しみましょう。

また、ネットを利用する以上は、そうした危険なサイトや不当・架空請求といったことがまかり通っているという事実(あるいは常識といっても過言ではないでしょう)を知っておくことは、「知らなかった」で済まされない、現金をだまし取られたり、知られたくない個人情報をうっかり漏らしかねないといったことにならないための自己防衛として必要な情報です。女性ゆえに被害に遭ってしまった……ということにならないように十分に警戒するようにしましょう。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。