パリのビストロ

アラン・デュカスによってパリ、そして日本で始ったフードフランスは今年新しい展開を迎えることになった。テーマは「ビストロ」。パリ、そしてリヨン、その他ボルドーなど地域の特徴あるビストロが東京にやってくる。ガストロノミーとは一味違ったフランス料理の「今」が楽しめるわけだ。
ビストロ
リヨンのビストロはブションとも呼ばれる

2003年から始まったフードフランスは主に一つ星クラスで勢いのある地方のレストランのシェフが来日し、腕を振るうスタイルが続いた。しかし、昨今の経済情勢の影響を受け、本場フランスのガストロノミーも日本同様に変化している。ネオ・ビストロという業態が現れ、それが日本にも飛び火していることも、もはや驚くことでもない。星付レストランの料理をもっとカジュアルに安価に楽しめるスタイルは今や最も時代に合ったものとして世界中で受け入れられているわけだ。

パリの三ツ星、アルページュにて日本人としてスーシェフを勤めた狐野扶実子さんが親善大使を勤め、フランスのビストロを日本に紹介するアンバサダーとしてクレジットされている。料理人であり、プロデューサーでもあり、そして評論家でもある狐野さんの魅力はあとで述べるとして、フランスの食文化の今が年に6回も日本に直接伝えられることは、フランス料理が大好きな人にとってはとても興味深いのではないだろうか。
狐野扶実子
背がとても高く、独特のオーラを感じる狐野扶実子さん

単に名前だけのお飾りではなく、フランスの食事情を良く知るスペシャリストとしてフランスのビストロの今を日本に伝える、サッカーで言うとボランチ的な役割を担っているのではないだろうか。