「かわいい」は、嬉しい褒め言葉ではあります。ただし大人の女性としては、それだけでは物足りないところですね。そこで今回は、あなたが知的に映る所作や、美しい言葉遣いをご紹介して参ります。ビジネスシーンや、目上の方とのシチュエーションでは「かわいい」を卒業し、「素敵」「知的」「美しい」「優雅」……といった褒め言葉をもらえる女性を目指しましょう!

知的立ち居振る舞いとは?

あなたも、大人の女性としての魅力を発揮しませんか?

あなたも、大人の女性としての魅力を発揮しませんか?

■知的に映る姿勢とは?
知的女性に、ねこ背やペタペタ歩き、ダラダラ歩きは似合いません。背筋をスッと伸ばし凛と! また、座り姿勢にもご注意を。膝をつけることはもちろん基本ですが、膝から下の脚が開いていてはNGです。脚を中央に揃えても、横に流しても、組んでいても…… 美しいラインが出るように、鏡に向って練習しておきましょう。

■上品&知的スマイル
無邪気な笑顔、ぶりっ子的な笑顔ではなく、キリッと自信が感じられる『知的スマイル』を向けられるようになりましょう。こちらも、鏡の前で確認なさることが一番の近道です。

■目チカラ
会話の途中で目が動きすぎる、考える時天井を見る、上目遣いで見ることが多い、恥ずかしくて相手の目を見て話せない……。これでは全く知的に映りませんね。

会話の際は、要所要所でのアイコンタクトを確実になさってみて下さい。但し、強いアイコンタクトの継続は、必要以上に相手に圧迫感を与えてしまいますので、お気をつけて。

知的会話術の極意

■ハプニング時
「え~~~っ、どーしよー!?」「ああっ! すいませーん!」……。咄嗟の時にこんな言葉が出てしまうようでは、知的な女性としてNG。「まあ! 申し訳ございません。すぐに対処いたします」「恐れ入ります。どのようにすればよろしいでしょうか」など、ハプニングの時こそ、冷静に大人な言葉遣いができるように。

■切り替え力
以上、ご説明してきました知的所作ですが、「かわいい」印象を一切与えなくするのが最良ということではありません。プライベートとビジネス、親しい方々と初対面の方、というようにシチュエーションに応じて切り替えができること、それが大人の女性ですね。

■声のトーン
あなたは、ご自身の声のトーンを高めにつくってしまうことはありませんか? 特に、電話に出た時、そして男性の前では、「かわいく映りたい」という思いから、無意識に声のトーンを上げてしまう女性が多いようです。「それって、私かも…… ?」と思われた方、先ずはご自身の声を半音下げて話してみてください。これだけでも、落ち着いた知的な印象に変われることでしょう。

■大人的言葉遣い
  • 「わたし」→「わたくし」
  • 「失礼しまーす」→「失礼致します」
  • 「すみません」→「申し訳ございません」 
  • 「いえいえ、そんなことないですー」→「恐れ入ります」「恐縮です」
  • 「はい、頑張ります!」→「精一杯、取り組ませて頂きます」
  • 「全然大丈夫です」→「全く問題ございませんので」
思い当たる言葉はありませんか? 普段、何気なく出てしまう言葉も、一呼吸置いて、落ち着いて知的に!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。