それはあたかもすべてを見越していたかのように

トッププレイヤーとて、人間です。勝負の趨勢のすべてを最初から見通せるわけではありません。時として窮地に陥ることさえあります。

しかし彼らは最後には勝利をもぎ取り、振り返ればその窮地さえ折込済みだったかのように見えます。その秘密は、どんな状況においても、抗うことをやめない強靭な精神力なのかもしれません。

「つねに予想がつかない流れになる。それが将棋の魅力でもある。集中力をもって、盤に向かう、それしか方法がない。」


中原 誠(棋士:永世十段)『将棋脳』(サンマーク出版)


「運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する」
ショーペンハウエル(哲学者)


「ゲームの序盤に活躍する駒もあれば、後半戦で威力を発揮するものもある。しかし、ゲームに勝つにはそのすべてを使わなくてはならない」

『数学的にありえない(上)』
(アダム・ファウアー 矢口 誠訳/文藝春秋)
 


ボードゲームはアートだ!

All or nothing……。勝負師であれば、勝利こそ正義であり、結果がすべてです。しかし、2004年のモノポリー世界チャンピオン・岡田豊さんは「楽しくやってみんなが得して、最後に自分が勝つというのはある意味理想です」と語ってくれました。対戦相手でさえ賞賛を禁じえないほど、美しく勝利する。それこそ完璧な勝利といえそうです。

「江戸の棋士たちには、勝つ/負けるということについて、それが100%でないという確信があるんですよね。ほかにどんな要素があるかといったら、やはり美意識が大きい」

茂木 健一郎(脳科学者)
『BRUTUS No.609号』(マガジンハウス)


「勝負には損なことだと見えても、 勝つためには、ちょっと違う方法論が必要ではないか、という融通無碍な発想を大事にしたい」

米長邦雄(棋士・永世棋聖)
『河童が覗いたトイレまんだら』(妹尾河童/文藝春秋)


「ゲームはアートだよ。だけど独善的ではなく、誰もが楽しめるべきもの」
レオ・コロヴィーニ(ゲームデザイナー)
『ボードゲーム天国01号』(オフィス新大陸/竹内書店新社)
  

  
なお過去の総集編のバックナンバーはこちらにリンクしてありますのでぜひどうぞ!

本日の関連・参考サイト

人生を勝利に導くゲームの名言1 必要な知恵はゲームから学んだ
人生を勝利に導くゲームの名言2 困難な時代を生き抜くための至言
人生を勝利に導くゲームの名言3 心に刻みつけるべき羅針盤はこれだ!
人生を勝利に導くゲームの名言4 相手を打ち負かす秘密兵器
人生を勝利に導くゲームの名言5 達人の言葉はに日本刀のごとき切れ味
人生を勝利に導くゲームの名言6 最善の一手を選び出す叡智とは?
人生を勝利に導くゲームの名言7 迷ったとき指針となる言葉たち
人生を勝利に導くゲームの名言8 言葉はときに黄金にも匹敵する財産です

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。