世界一のゲームの世界一のプレイヤー

モノポリーは全世界で累計ですでに2億5千万セット以上も売れているとんでもないゲームです。4年に1度(オリンピックと同じ年)に世界大会が開催され、各国の代表によって世界一の称号が争われます。2004年度の開催国は日本! しかもあの六本木ヒルズで開催されます。実は日本はモノポリー超強豪国。今までに2人も世界チャンピオンを輩出しています。(88年・ロンドン大会 百田郁夫さん 00年・トロント大会 岡田 豊さん)

今回のインタビューはディフェンディングチャンピオンとして、またまだ誰も成し遂げたことのない「2度の世界チャンピオン」を目指して2004年の世界大会に出陣する岡田 豊さんにモノポリーに必須の交渉術の秘密や大会直前の意気込みなどをインタビューしてきました。


 
岡田 豊(おかだ ゆたか)プロフィール

1967年生れ。日本モノポリー協会専務理事。97年にテレビでモノポリー日本選手権の告知をみて本格的に大会・例会に参加を始める。2000年の日本選手権で優勝し、同年のモノポリー世界選手権に日本代表として出場。そちらも見事に制し、日本・世界チャンピオンのダブルクラウンに輝く。みずほ総合研究所勤務。

インタビューの内容

【まったく勝てなかったプレイヤーが世界一に登り詰めた理由】
【各国の代表と渡り合う世界一の交渉術の秘密】
【世界王者の運に対する姿勢】
【モノポリーのトッププレイヤーは実生活でも大富豪になれるのか?】
【一夜にして有名人! 世界王者になった後に待ち受けるもの生活とは】