各国の代表と渡り合う世界一の交渉術の秘密

そのまま世界大会にも出場されたわけですが、世界大会では英語が共通語と聞いています。交渉はどうしているのでしょうか?―――
 

通訳がついてます。だから本当に困ったときは通訳だよりができるんですけど、ゲームの流れをとめるっていうことは通訳にはできないので、通訳に聞いている間に交渉がすすんでしまう、成立しちゃうかもしれませんから…… そうするとやっぱ難しいんで、まあ聞く能力と、少なくとも二三ことは話せる能力は必要だったかなと。それは中学生レベルの単語で大丈夫ですので。大概慣れますね。普通の人なら絶対に話せます。

外国人プレイヤー相手に難しい交渉もあると思います。どう渡り合っているのですか?―――

外国人プレイヤーというのは結構ハッキリしてて、私はこの通りやりますとか、 そういう感じていえば聞いてくれるんで。それでも価値観が違うというのはものいものがありますんで、各大会というか各国それぞれのスタイルが結構ありまして、その価値観をあわせるのはまあ日本国内でも結構シンドイですね。



その相手のスタイルや価値観はどやって見抜くのでしょうか?

やっているうちにわかります。で、世界大会のときは意図的に仕掛けます。全然わからなかったら困るんで、最初に軽く交渉してみて、どういう反応を見せるかってどうかってのはちょっと頭に置いておいて。それをしておかないと勝負どころでその人と交渉するときにちょっとリスクが大きすぎます。

ということは対戦相手の心理も大事ですね

交渉っていうのはどうしてもそういう側面があって、そのへんをまあ利用できるっていうか、学んでいる人のほうが強いですよね。場数を踏んでいるっていうので学べるし、またそういう職業についている人は学べるし、若年者の人は逆にしんどいですよね。

【まったく勝てなかったプレイヤーが世界一に登り詰めた理由】
【各国の代表と渡り合う世界一の交渉術の秘密】
【世界王者の運に対する姿勢】
【モノポリーのトッププレイヤーは実生活でも大富豪になれるのか?】
【一夜にして有名人! 世界王者になった後に待ち受けるもの生活とは】