ボトムターンのやり方 ~レールを入れる~

進行方向斜め上を見よう
ボトムに近くなったら、進行方向斜め上のフェイスを見る
肩と頭を波側に寄せる
ボードを波側に傾け、肩と頭を波側に寄せる
ボトムに完全に下り切る直前に、今度は向かっていきたいトップ(波の斜面の上)部分を見ながら、身体を斜面に寄せるようにヒジと腰に体重をかけてボードを波側に傾ける。

斜面を通り過ぎて、平らな部分にまで下りすぎてしまうと、失速の原因になるので要注意! このときに頭を波側に傾けず、地面に対して平行な状態を保ったままにするのがポイント。

ボードは傾きづらいので、岸側の手で少しボードを持ち上げて補助するとスムーズに傾けられる。この時に、体重をかけている腰で、さらにボードを斜面に押し込むようにすると、よりトップへ向けてのかけ上がりにスピードがついていく。

ボトムターンのやり方 ~レールを抜く~

斜め下に向かってテイクオフ
ターンする場所に向かってテイクオフ
ボトムでターンをして、ボードと身体がトップに上がろうとしたら、水の抵抗をなくすように今度は傾いたボードを元の斜面に水平な状態に戻す。この時に手の力だけでボードの角度を元に戻してしまうと、レール側にあった身体全体がボードセンターに移動してしまい、ターンができなくなってしまうので、傾けた分だけを戻すように意識しよう。この姿勢になると、水の抵抗が少なくなり、ボードが加速しながら斜面を駆け上がっていく。



<関連リンク>
ボディボード スピードを出すための4か条
ボディボード ドルフィンスルーのコツ
ボディボード レギュラー&グーフィーの基本姿勢
ボディボード 横移動と波の見分け方
ボディボードの基本姿勢と波の乗り方
ボディボードの部位の名称&キック&パドリング
ボディボーダーの紫外線・日焼け対策
ボディボード、海でのルールとマナー
ボディボード事前準備、波に乗り、危険回避
ボディボードに必要な道具・グッズ
ボディボードとは?
初心者向けボディボード(長さ)の選び方
初心者向けボディボード(幅)の選び方
初心者向けボディボード(厚さ)の選び方
初心者向けボディボード(テール)の選び方
初心者向けDVD『Ador HOW TO BODYBOARD』
初心者向けDVD『Ador ADORABLE』
ブルーアチーブ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。