友田たかしプロが指導! ボディボード講座vol.8

8回目は、テイクオフができて、岸に向かってまっすぐ波に乗れるようになったら、今度は左右、横方向へ進んでみよう。波の崩れていない面(フェイス)を滑るのが波乗りの基本なので、それをまずは覚えよう。最初は難しく考えず、行きたい方向を見よう!

横方向へ進む姿勢

テイクオフの基本姿勢
テイクオフの基本姿勢
行きたい方向へ頭を向ける
まっすぐ滑り始めたら、行きたい方向に頭を向けてそちらのレールに体重をかける
サーフィンやボディボードは、波の斜面の崩れていないフェイスという場所を使ってライディングするのが基本。テイクオフをマスターしたら、次は波の斜面のフェイスを横方向に滑っていく練習をしよう。

真っすぐに滑り降りたボードを横に向けるには、行きたい方向のレールを波の斜面に入れる。左に行く時は左側のレール、右に行く時は右側のレールを入れる。レールが入ると、そこが支点となり横に滑り始める。レールを入れるというと難しく思うが、最初は行きたい方向に軽く体重を移動すればOK。

ポイントは波に乗ったら、まず曲がりたい方向の斜面全体を見る。この時点で頭の位置が少しレール側に寄って、体重がレール側にかかるのでボードが横に向き始める。そのまま進む方向をしっかり見ることで、ボードが進んでいく。テイクオフしたばかりのスピードがある状態で、いきなり体重をぐっとかけてしまうと、レールが入りすぎて失速してしまうので、ボードの上で少し体重がレールに乗っているという状態になるよう、少しずつ体重をかけるようにしよう。

まずはここまでをしっかりマスターしておこう。次回、レギュラー(右)とグーフィー(左)のそれぞれの基本姿勢を学び、どちらの方向へもスムーズにターンができる様にしよう。

>>波の見つけ方と進む方向>>