日ごろのケアでテニス肘を防止!

ケガを予防するのにいちばん大切なのが、プレー前後に行うストレッチです。プレーの前にストレッチをする人は多いかもしれません。しかしケガの予防や疲れを緩和させるには、プレー後のストレッチがより重要です。

図のように肘を基点として手首までの筋肉、筋を伸ばしましょう。
息を吐きながら手の甲を反らせ肘の内側の筋、筋肉を伸ばします。
息を吐きながら手の平を内に入れ肘の外側の筋、筋肉を伸ばします。



筋力トレーニングに取組み、筋力を強化することもテニス肘の予防には必要ですが、トレーニング方法を間違えると逆効果になることがあるので気をつけましょう。

筋肉強化を図る人はトレーニング方法について、トレーナーや医師、テニスコーチに相談することをお薦めします。