文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)


1 / 2 次へ>>

あなたの疑問にお答えします!

読者の方々からのテニスに関しての素朴な疑問、技術的質問、悩み、知りたいことを解説します。

今回はボールとの距離についてのご質問です。

ボールとの距離を測る方法を教えてください


ボールを打つ時うまくボールとの距離が測れません。
測るときのコツやうまく測れるようになる練習法などがあれば教えて下さい。
 どんなに素晴らしいフォームでも打点が合わなければ良いボールは打てません。
ストロークは1回、コートに弾んだボールを打つため、ボールとの距離感を掴むのが難しいのです。
落下点に突進したり、ボールに近づき過ぎたりして、打点を狂わしてしまうのです。
慣れてしまえばそんなに難しい技術ではありませんが、初心~初級の方やバレーボール・バトミントンなど、地面にボールやシャトルを落としてはいけないスポーツなどの経験者は特に難しく感じるようです。

今回はボールとの距離感をうまく取るコツや練習ドリルをご紹介します。

 コツ1 ボールの直線上で正面を向いてボールを待たない。

距離感を狂わせる最も大きな要因はボールの直線上に立ってしまうということです。
自分の所に向かってくるボールは高低差やスピードが判らず落下点の予想がつき辛いのです。
  1. ボールの軌道から一度、外れて見る
      
  2. 斜めに構えてボールを見る(顔がボールに対して垂直にならない)
  3. 手や肩で距離感、スピードを測る

    フォアの場合、左手を少し上げ、人差し指でボールを差すようにして距離を測る
    バックの場合は、肩越しに見ることで距離を測る。

 距離感を取る練習1
  1. 最初はサービスラインの中位から手出しでボールを出す。
    ボールが飛んでいる間に素早く、左へ1m程度、サイドステップし、
    ボールの軌道が観察できる位置にずれる。
    打点を判断し、ボールに近づき、手でキャッチする。(ボールは打たない)
  2. 的確にキャッチできるようになったら、ベースラインからのラケット出しとし、1と同様手でキャッチする。
  3. 最後にラケットで打つ。

  4. フォアが終わったらバックも同様にする。

    ※上達程度に合わせて、スピードや回転のあるボールを交えていく。

    次はコツ2です。

1 / 2 次へ>>