「テニスの点数を数えるとき、15→30とくれば次は45じゃないの?」「そもそもいったい何故、テニスは独自のカウントをするのだろう?」。

そんな疑問を抱いている人、結構いるのではないでしょうか?最初は不思議に思いつつ、長くテニスを続けているうちに、この不思議なカウント方法を自然に受け入れてしまっている…。

そこで、今回は「テニスの不思議」と題し、ポイントの数え方の不思議を紐解いてみたいと思います。

ポイントの数え方

テニスの前身とされるスポーツが生まれた中世のヨーロッパでは、60で位を1つ上に上げる「60進法」主流であったといわれ、「60」という数字がベースに幾つかの説が伝えられています。

1、時計の文字盤説
 

時計の文字盤を思い浮かべてください。それを4分割し、1周するとゲームが終わると考え、実際に時計の文字盤を使用してカウントを表示したという説。 現在、この説が一番有力視されています。


2、修道院の生活時間説
テニスの前身と認められているゲーム「ジュー・ド・ボー」が修道院で考案され、その修道院の生活時間(祈りの時間、掃除、食事など)が「15分」を基本として組まれていたため、その習慣がカウントを数える際にも応用されてという説。

3、貨幣の単位説
 

テニスが賭けの対象となり、1ポイントごと、14世紀のフランスで使用されていた貨幣ドゥニエ銅貨をプレイヤー同士で賭けていた。その銅貨の単位が15スウであり、早く60スウに達した方が勝ちというルールが起源となったとする説。

上記の3つは、「15」という数字の倍数で換算されていますが、なぜ3ポイント目だけが40(フォーティー)となるのかというと、その有力な説として「45(フォーティーファイブ)」が長くて言いにくいためといわれています。

>>次ページでは「0ポイントのことをなぜ『ラブ』というの?」かを紹介します>>