OB・OGも気楽に楽しめるパラディーゾカップ

テニスサークル
大会に集まったのは総勢232人。同窓会といった雰囲気だ
2008年6月28日・29日、千葉県白子99テニスリゾートで行われたパラディーゾカップテニストーナメント第5回大会が開かれた。集まったのは、大学テニスサークル所属の学生や満35歳までのサークルOB・OG。計116組、232人。大会の雰囲気は、大学テニスサークル所属学生にとっては楽しく気軽集まれる交流会、OB・OGたちにとっては懐かしい仲間と再会できる同窓会といった感じだろうか。

大学サークルの試合でもプレッシャーのかかる大会が多い中、より気軽に楽しめるテニストーナメントを一つでも多くということで作られているこの大会は、参加者にとって嬉しい様々な工夫があるのだ。

親睦会で深まる参加者の交流

テニスサークル
大会には楽しくなれる工夫がたくさんある
様々な草トーナメントがある中、ありそうで見かけない一堂に会して行われるような親睦会。1日目の夜、海の家を貸し切り、クイズなども行われる夕食会がある。当然お酒も入って、参加者たちは大はしゃぎ。

参加者たちは「これがきっかけで、友達の輪が広がります」と語り、翌日の試合では、サークルや年齢の輪を越えて応援したり、いいプレーには拍手が送られる場面が増えたりする。