「20kg」

さて、この数値はいったいテニス肘とどんな関係があるのでしょう。
実はストロークをする際、肘にかかる負担の平均値です。テニスボールを打つ際、約20kgの重さのある物を持ち上げるのと同等の負担が肘にかかるのです。

これだけの負担がかかるのであれば、肘のケアを怠ったり、間違った体の使い方をすることで結果的に肘が悲鳴を上げるのもよく分ります。

さて、今回は、テニスプレーヤーの誰もが恐れている「テニス肘」にスポットをあて、その原因、症状、対策について報告します。

正しい知識を身に付けて、長く楽しいテニスライフを送りましょう!!

テニス肘のいろいろ
日ごろのケアでテニス肘を防止!(2頁目)
テニス肘の治療法(3頁目)
テニス肘対処グッズ(4頁目)


テニス肘の原因


テニス肘の原因の多くは、オーバーユースと考えられていましたが、マルユース(誤使用)というとらえ方もされ始めているようです。要するに、単純に「肘の使いすぎ」だけが原因なのではなく、「肘の使い方」に問題があるというのです。
更に筋力低下、栄養状態・睡眠不足などのコンディショニング不足など、内的要因によるものも多いようです。