GPSゴルフナビ人気とどまらず

フライオーバー機能が楽しいソノースター「スカイショット V500」
2008年に初代ショットナビポケットが登場以降、日本でも急速に広まりつつあるGPSゴルフナビ。1月に「加速するゴルフGPS式距離計の進化」で紹介してからも、このわずか半年の間に安価なものからハイエンドなものまで、多様なラインナップが発売されました。

さらに専用機だけでなく、携帯電話を使ったものからゴルフ場レンタルできるものまで、さらに多様化しています。そこで今回は、ゴルファーの間で急速に広まりつつあるGPSゴルフナビをさらに紹介します。

加速するゴルフGPS式距離計の進化」で、現行モデルでは機能はNo.1と紹介した「ショットナビ アドバンス」。タッチパネルを採用したカラーディスプレーに、ホールレイアウトとハザードまでの距離表示を加えたハイエンドモデルで、2010年6月現在ネットのみの販売に限られていますが、既に多くのゴルファーに使用されています。

しかし、この数ヶ月間で「ショットナビ アドバンス」に匹敵する高機能モデルが、いくつか発売されています。中でも、ガイドが注目するのが「ソノースター V500」。ソノースターは、日本ではあまり馴染みのないメーカーですが、アメリカではシェア3位を誇るGPSの大手メーカーです。

「ショットナビ アドバンス」同様に、二点間距離測定、カラーレイアウトと各ハザードまでの距離表示機能を持っています。タッチパネル式も同じですが、厚さ20mmの薄型ボディは非常にコンパクトで、ベルトなどに装着も可能。目玉機能として、TV中継のような俯瞰した動画でホールの全体を確認することができるフライオーバー機能(対応コースのみ)も搭載。非常に充実した機能を持つ機種で、現在もっとも注目されるGPSゴルフナビです。

ハイエンドモデルは、他にもタッチパネルにカップ位置登録機能を持つユピテル「AGN5100」や、音声ナビで人気の「グリーンオン」から7月に発売されるカラーレイアウト表示の「グリーンオン プラス」などが登場しています。

価格は3~4万円弱と高価ですが、実際にこれらのハイエンドモデルを使用すると、やはり便利。今後もこうした高機能化の流れは続いていくと思われます。

>>次は、携帯電話を使ったゴルフナビ>>