「ショットナビ」大ヒット!

値ごろ感で人気の「ショットナビ ポケット NEO(ネオ)」。手のひらサイズの手軽さが魅力
2008年の春、「新サービス!ゴルフGPS距離測定の現在」で発売前のGPS式距離計「ショットナビ ポケット」を紹介しました。ガイドもそのときは、大変面白いとは思ったものの、それが多くのゴルファーに支持されるのかどうかは、正直未知数。しかし、結果は、販売数が、数万台といわれる大ヒット!GPS距離計は、多くのゴルファーから認知されることとなりました。翌年2009年には、さらに新製品が続々登場。後発メーカーからも様々なラインナップが登場しています。

今回は、すでにGPS距離計をもっている方にも、まだ持っていなくて興味はある方にもオススメのGPS距離計最新事情を紹介いたします。

GPS距離計をここまで、ポピュラーにしたのは、やはり前出の「ショットナビ ポケット」を発売したパー七十二プラザの功績が大きいでしょう。携帯電話のGPS機能を利用したサービスを早くから始めるなど、当初からGPSを使った距離測定やコース管理に積極的に取り組まれていました。トーナメントで実際に使用されるほど、詳細なゴルフコースの情報を持っているのも強み。自社だけでなく、他社のGPS距離計の一部にもパー七十二プラザのコースデータが提供されるほどです。

2008年に発売した「ショットナビ ポケット」が大ブレイクを果たした後、2009年には、大型液晶画面で見やすくなり、価格を下げた「ショットナビ ポケット neo(ネオ)」が発売。初代「ショットナビ ポケット」が、29800円(税込)だったのに対して、「ショットナビ ポケット neo(ネオ)」は、機能が向上していながら、20790円に。現行発売されているモデルでは、コストパフォーマンスの高い入門タイプとして、ガイドも一番オススメです。

さらに、グリーンまでの距離だけでなくハザードまでの距離を常時表示できる「ショットナビ PRO」や、グリーンやハザードの方向がわかるデジタルコンパスを搭載した「ショットナビ PREMIUM」も登場。こちらも人気になっているようです。

>>次は、ユピテル「アトラス ゴルフナビ」登場!>>