女性用クラブのラインナップは少ない?

ヤマハのレディースブランド「C's」
もう少しゴルフに馴染んでくると、ハーフセットに飽き足らず、より良い道具が欲しくなるものです。
特にドライバー(1番ウッド)は、ハーフセットに付属しているものよりも圧倒的に性能が良いものがあります。大型ヘッドでミスの許容範囲が大きく、軽量なモデルです。

しかし、実際に新しいドライバーを選ぼうとすると、選択肢が思いのほか少なく、女性ゴルファーは愕然とするのではないかと思います。アイアンセットやパターだとなおさらで、男性に比べてメーカーがラインナップしている種類が少ないのが実情です。

ゴルフクラブは自分に合う、合わないがあります。そのモデルの性格やスペックを自分のスイングに合うものを選択することが上達の早道であり、それはレディースゴルファーでも変わることはありません。

特に、シャフトの硬さとロフト角(フェース面の角度。ボールの上がりやすさに影響する)は、自分にマッチしたものを選ぶ必要があります。デザインやカラーリングも気になりますが、まずはこうしたスペックがマッチするものを選びましょう。

細かい点はゴルフショップの店員さんに相談するのが確実です。出来ればスイングや自分が使用している他のクラブも見てもらいましょう。セッティングに関するアドバイスをしてくれます。

最近では、ブリヂストンスポーツのCLシリーズやヤマハのC’sなど女性向けに設計されたブランドも多く現われ、以前に比べて選択肢は増え始めています。

>>次は、女性用ゴルフウェアについて>>