オリジナルアレンジで個性を演出!

前回ご紹介したクラックル(ヒビ)入りのビー玉を使って作れる、いろいろなデザインのアクセサリーをご紹介します。ビー玉の色合いや大きさをじっくり見ながら、自由にアイデアを膨らませてみましょう。
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集
ビー玉ペンダント
今回はレッド、クリア、グリーンの3種を使ってみました。大きさはいずれも17mmです

※以下でご紹介するペンダントヘッドを作る際には、ビー玉が割れるのを防ぐため、すべてのビー玉に前回記事の【手順6】と同様に透明マニキュアで下処理をしてください。また、使用する接着剤も、前回記事の【道具】と同様のものをご使用ください。

レッドのエスニック風ペンダントヘッド

ビーズレシピ1
ビー玉の両サイドに金具を取り付けたペンダントヘッドです。アジア風のファッションにおすすめ

難易度:★☆☆☆☆
材料費:約100円 ※ガイド制作時
出来上がり寸法:約H20mm×W60mm ヘッド部分のみ

【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • ヒビ入りビー玉 直径約17mm レッド……1個
  • チェコプレスビーズ ダガー型 長さ16mm 赤(ダガー大)……2個
  • チェコプレスビーズ ダガー型 長さ10mm 赤(ダガー小)……2個
  • チェコプレスビーズ ディスク型 直径5mm厚さ2mm程度 薄茶(ディスク)……2個

  • Tピン 太さ0.6~0.7mm×長さ20mm以上 古美金……2本

  • 菊座 直径約10mm 古美金(菊座大)……2個
  • 菊座 直径約7~8mm 古美金(菊座中)……2個

  • 菊座 直径約5~6mm 古美金(菊座小)……4個

  • メタルビーズ 直径約3mm 古美金……4個
  • 丸カン 太さ0.7mm×直径5mm 古美金……2個
    ※またはバチカンなどでもよい

  • チェーン 好みのデザイン・長さのもの……1組

ビーズレシピ1
菊座小は、ディスクと背合わせになるように通します
【手順1】
Tピンに菊座大・菊座中・メタルビーズ・ダガー大・菊座小・ディスク・菊座小・ダガー小・メタルビーズの順に通し、先端を丸め、ビー玉に接着剤で付けます。ビー玉への付け方は、ビー玉で作る!ステキなアクセサリー(1)をご参照ください。
ビーズレシピ1
ヘッドを取り付けるのは、手持ちのビーズネックレスやチェーンなど、お好みで!
【手順2】
丸めたTピンの先に丸カンをつけ、好みのチェーンなどに取り付けます。ガイドはエスニック風のラリエットの先端部分につけてみました。

クリアのドロップ風ペンダントヘッド

ビーズレシピ1
シャープな輝きが魅力のクリアのビー玉。黒など濃い色と合わせるといっそう映えます

難易度:★☆☆☆☆
材料費:約50円 ※ガイド制作時
出来上がり寸法:約H55mm×W17mm ヘッド部分のみ

【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • ヒビ入りビー玉 直径約17mm クリア……1個
  • チェコプレスビーズ 縦7mm×幅8mm クリア……1個
  • スワロフスキー5301 6mm クリスタルAB(スワロ6mm)……1個
  • スワロフスキー5301 5mm クリスタルAB(スワロ5mm)……1個
  • スワロフスキー5301 4mm クリスタルAB(スワロ4mm)……1個
  • スワロフスキー5301 3mm クリスタルAB(スワロ3mm)……1個
  • メタルビーズ 直径2mm程度 シルバー……4個

  • Tピン 太さ0.6~0.7mm×長さ50mm以上 シルバー……1本
  • 丸カン 太さ0.5mm×直径3mm シルバー……2個

  • チェーン 好みのデザイン・長さのもの……1組

ビーズレシピ1
使用するビー玉の直径が17mmでない場合には、スワロの大きさや数も変えてかまいません
【手順1】
Tピンにチェコ・メタルビーズ・スワロ6mm・メタルビーズ・スワロ5mm・メタルビーズ・スワロ4mm・メタルビーズ・スワロ3mmの順に通します。
ビーズレシピ1
底面の広いものならば、他の形のビーズでも代用できます
今回使ったチェコビーズは、このような花形のものです。底面の広い他の形のビーズでも代用できますが、底面の直径があまり小さいと、ビー玉の重みを支えきれないので、バランスの良いものを選んでください。

ビーズレシピ1
赤で示した部分がTピンの先端です
【手順2】
Tピンの先を左図のように丸め、【手順1】で通したチェコの部分を接着剤でビー玉に付けます。
※左図のように曲げるのが難しければ、Tピンは普通に丸めてもかまいません。その場合は次の【手順3】では丸カン(またはバチカンなど)を1つだけ使い、チェーンに取り付けます。

ビーズレシピ1
緑で示した部分が丸カンです
【手順3】
曲げたTピンの両側にそれぞれ丸カンを付け、チェーンをつなぎます。

ビーズレシピ1
先端に重みがあるので、チェーンにつけるときれいなVラインを描いてくれます
【全体図】
ロングタイプのペンダントヘッドになるので、チェーンも長いものと相性がよいでしょう。1枚目の画像のように、チョーカータイプのネックレスと二連にして身に付けるのもおすすめです。

続いてはグリーンのペンダントヘッドと、 サイズの違うビー玉を使った応用編のご紹介です!