ローマで美味しいものを探しましょう

お土産選びに食材店やスーパーマーケットは見逃せませんよね。写真/カストローニ店内

お土産選びに食材店やスーパーマーケットは見逃せませんよね。写真/カストローニ店内

イタリアには、「美味しいもの」がいっぱい。イタリアの「美味しいもの」があるのは、リストランテやトラットリアばかりではありません。イタリア食材は、日本でもずいぶんお馴染みになりましたが、やはり本場は品ぞろえが違います。

せっかくイタリアに行くのなら、日本にも買って帰れる食材の宝庫「食材店」や、色とりどりの野菜や果物が山積みになった「市場」をのぞいてみましょう。また、お土産にできるお菓子屋さんやローマならではのお菓子が買えるお店もご紹介します。

ローマでは英語も通じるところが多いですが、簡単なイタリア語がわかれば買い物はもっと楽しい! 旅行で使えるイタリア語はこちらの記事をどうぞ!>>>イタリア語・イタリア語会話

ローマの食材店

日本ではまだ買えない珠玉の食材が集まる食材店。写真/ロショーリにて

日本ではまだ買えない珠玉の食材が集まる食材店。写真/ロショーリにて

本場イタリア食材の中でも、厳選された食材が集まっているのがアリメンターリ(Alimentari)と呼ばれる食材店。いわば、食材のセレクトショップです。オリーブオイルや瓶詰など、イタリア中の美味しいものが集まっているアリメンターリ。スーツケースの重量制限ぎりぎりまで、買って帰りたくなる食材がいっぱいです。ここで紹介する食材店では、ワインの扱いもあります。

ローマの食材店1 カストローニ 

棚一面を埋め尽くすイタリア中から届くオリーブオイル

棚一面を埋め尽くすイタリア中から届くオリーブオイル

ローマの高級住宅街にある老舗食材店。専属バイヤーがイタリア&世界中を歩いて探してくる、選りすぐりの食材が揃っています。扱う食材の数は、常時なんと3500種!

現地に行っても見つかりにくい、小さな工房のパスタやオリーブオイル、高品質のフンギ・ポルチーニや乾燥トマトなど、「お店ごと買って帰りたい!」気持ちにさせる食材がぎっしり。お菓子やオリジナルのコーヒーなどもあり、「お土産選びはカストローニ」はもはやローマ旅行の合言葉になりつつあります。

<DATA>
Castroni(カストローニ)
住所:Via Cola di Rienzo, 196
TEL:06-6874383
営業時間:8:00~20:00
定休日:日曜日
アクセス:地下鉄A線レパント(Lepanto)駅、もしくはオッタヴィアーノ(Ottaviano)駅から徒歩5分。ショッピングストリート、コーラ・ディ・リエンツォ(Via Cola di Rienzo)通り沿い。バチカン美術館から近い

 

ローマの食材店2 ヴォルペッティ

オーナー一家で経営するヴォルペッティは、その親しみやすい雰囲気も魅力

オーナー一家で経営するヴォルペッティは、その親しみやすい雰囲気も魅力

カストローニと並んでローマを代表する食材店のひとつ。下町テスタッチオ地区にあります。こちらは、特にチーズやサラミ、生ハム類が豊富で、イタリア全土から集めたそれらの種類は、数百種類にもなるそう。オリーブやボッタルガ(カラスミ)、もちろん、オリーブオイルや乾燥パスタなども扱っています。

乾燥や匂い、液こぼれなどが気になる食材は、真空パックにしてくれるので持ち運びも安心です。気前よく試食させてくれるのもこの店の特徴です。ススメられたら遠慮せずにどんどん食べてみて下さいね。

<DATA>
Volpetti(ヴォルペッティ)
住所:Via Marmorata, 47
TEL:06-5742352
営業時間:8:00~14:00、17:00~20:15
定休日:日曜日
アクセス:地下鉄B線ピラミデ(Piramide)駅から徒歩8分

 

ローマの食材店3 ロッショーリ

量り売りだから、食べたいものを少しずつ買えるのがウレシイ

量り売りだから、食べたいものを少しずつ買えるのがウレシイ

旧市街カンポ・デ・フィオーリ地区にある創業1824年のパン屋さんがオープンさせた、厳選食材の食材店。併設のリストランテとワイン・バーでは、こちらの厳選食材を使ったイタリア料理もいただけます。2009年度版のガンベロ・ロッソ(イタリアレストラン格付け本)で、ここの「カルボナーラ」は「ローマでNO.1」に輝きました。パオロ・パリジ農園の卵、ロペッツ社のペコリーノチーズなど、オールブランド食材を使った「カルボナーラ」もぜひお試しあれ!

<DATA>
Roscioli(ロショーリ)
住所:Via dei Giubbonari, 21/23
TEL:06-6875287
営業時間:9:00~20:00
定休日:日曜日
アクセス:カンポ・デ・フィオーリから徒歩3分