アルミ鍋の手入れ方法とは

アルミ鍋の手入れ方法とは

鍋はみんなそうですが、ケアしてあげた分だけ愛着がわいて、お料理の楽しさが増すような気がしませんか?

「焦げたらすぐ捨てる」じゃなく、お鍋の弱点やちょっとしたお手入れ方法を覚えて長く愛用してあげましょう。
   

アルミ鍋の手入れ方法……黒ずみはリンゴを食べたついでに取る

美味しく食べたついでにキレイにできるというエコなケアでOKな鍋なのです

美味しく食べたついでにキレイにできるというエコなケアでOKな鍋なのです

アルミ鍋の悩みでよく聞くのは鍋の内側が黒ずむ現象ですね。

これは「黒変化現象」といって、主な原因はアルミニウムと水が反応を起こし、表面に付着した水酸化アルミがさらに水中のミネラル分と複雑な作用をして鍋表面に固着し、黒く見えるもの。ちなみにこれらが人体に悪影響を及ぼすことはないそうです。

黒ずみを取るのは、リンゴを食べたついででOK。鍋にリンゴの皮や芯と、黒ずみの位置までの水を入れて沸騰させ、15分ほど煮て冷ました後、擦り落とすことができます。リンゴは多い方が効果あり。レモンでもOKです。

なお黒ずみと一緒に酸化被膜もはがれていますので、米のとぎ汁か野菜のくずを煮立たせて即席酸化被膜を作ってよく乾かし、空気に触れさせます。これをしないですぐ煮炊きすると、また黒ずんでしまうので必ずこの後ケアを!
 

焦げはお湯でゆるめて擦り落とす

焦げは水(ひどければ酢大さじ1~2杯)を入れて沸騰させ、火を止めて一晩置き次の日擦り落とします。酢には弱いので覚悟のこと! 焦げを落としたら、黒ずみ対策同様に、米のとぎ汁か野菜のくずを入れた水を煮立たせ、すぐ捨てて水分を拭き、しっかり乾かすことを忘れずに!
 

アルミ鍋の使い始めは米のとぎ汁で即席皮膜づくりを

雪平鍋などのアルミ鍋は買ってきたら使う前にしなければいけないことがあります。米のとぎ汁か野菜くずを水で煮てすぐ捨て、そのままよく乾かすことです。米ぬか1/2カップでもOK。

なぜこんなことをするのかというと「酸化被膜」というバリアを急いで作り、アルミが苦手とする酸やアルカリなどから守ってあげるためです。本来は空気と反応して自分で皮膜を作れるというすごい性質をもっているのですが、それを早く強固に作ってやるのです。
 

アルミ鍋、日ごろのメンテナンス

雪平鍋はアルミそのままですが、錆を防ぐ「アルマイト加工」を表面に施されたアルミ鍋も多いようです。アルマイト加工は剥げないよう金属タワシや金属ヘラなど固いものは避けること。

雪平鍋や業務用などは意外と丈夫で普通のタワシでゴシゴシ洗っても、自力でまた酸化被膜を作ってくれます。もちろん擦り過ぎて傷が深くなるとバリアを作りきれずに傷んでいきますが。
 

アルミ鍋が苦手なお酢やこんにゃく、ラーメンetc.

丈夫なアルミ鍋ですが以下のような苦手な素材があります。ちなみにどれも人体には無害といわれていますので、すぐに捨てることはありませんが、傷みが進むと焦げやすくなったり、ひどいものは穴があくなどあるので注意しましょう。

【アルミ鍋が苦手なもの】
  • 水道水。塩分やミネラル分と反応して白いブツブツ(腐食)や、ミネラル分と反応して黒変化(黒ずみ)を起こす。
  • 食材では酸度、アルカリ度の高いもの。「お酢(酸性)」「こんにゃく(アルカリ性)」「ラーメン(かん水がアルカリ性)」「料理で使う(醤油等)の塩分」「卵の殻(カルシウム)」など
  • 洗剤のアルカリ成分
  • 重曹。変色、変質してしまう
  • 空焚きや、急激な温度変化(加熱した直後に冷水に入れるなど)
  • 特にアルマイト加工されたアルミ鍋は、金属タワシやヘラなどで表面の加工が剥げやすい
苦手なものについては使用を控えるのがベスト。でも水道水や醤油など使わないわけにはいきませんので、特に苦手なものを使った時には、すぐ洗って乾かします。中にお料理を入れたまま長時間置くのはダメ。

残ったお料理は別の容器に移して! 水道水にも弱いので、洗った後はすぐ水分を拭きとり、十分乾かします。
 

長く愛用するためのアルミ鍋手入れ・メンテナンス方法

アルミ鍋を長く愛用していくためには、購入時にした米のとぎ汁等でのケアを時々やってあげるとよいでしょう。使用頻度が高いとどうしても皮膜が剥げたり傷がついたりします。

 

アルミ鍋が人気なわけ

最後に、アルミ鍋の人気のわけに触れておきましょう。アルミ鍋は鉄の3倍といわれるほど熱伝導率がよく、他の材質より軽くて便利なので、戦後登場するとプロの厨房と同時に家庭用にも広まりました。

厚くて深い寸胴鍋から浅くて口の広い雪平鍋まで色々な種類があり、例えば雪平鍋は煮物など日本料理を上手に作りやすい心強い調理器具。

側面の凸凹はただの模様でなく「打ち出し」といって材質を締め込んだもので、熱伝導性や保温性が高まっています。

【関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。