おいしくてかわいいカップケーキのレシピ

カテゴリー:ケーキカップケーキ

 

おいしくて簡単、その上かわいいカップケーキ

デコレーションによって様々な表情を見せるカップケーキ。簡単にできて、かわいくておいしいスイーツの代表選手です。基本のカップケーキはデコレーションすることを考え、甘さ控えめ、どんなクリームにも合うレシピとなっています。今回はクリスマスらしいデコレーションにしてみました。ひとつマスターするとバリエーションが広がるので、普段のおやつからバースデイ、パーティーまで、オリジナルのおいしくてかわいいカップケーキに挑戦してみてくださいね。

カップケーキの材料(9個分

カップケーキの材料
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
1ひとつまみ
グラニュー糖 80g
無塩バター 40g
牛乳 60cc
1個
バニラエッセンス 数滴
デコレーションの材料
生クリーム (乳脂肪42%以上のもの) 200cc
グラニュー糖 大さじ1
いちご 18個
アラザン 適宜
ミント 適宜

カップケーキの作り方・手順

カップケーキの作り方

1:マフィン型にペーパーカップを敷く

マフィン型にペーパーカップを敷く
下準備をする。
卵、バター、牛乳を室温に戻します。卵は解きほぐしておきます。マフィン型にペーパーカップを敷いておきます。薄力粉、ベーキングパウダー、塩は合わせてふるっておきます。オーブンを170℃に温めます。

2:バターをクリーム状にしてからグラニュー糖を加えてよく混ぜる

バターをクリーム状にしてからグラニュー糖を加えてよく混ぜる
生地を作ります。ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状にし、グラニュー糖を加えてよくすり混ぜます。

3:卵を二回に分けて加え、よく混ぜる

卵を二回に分けて加え、よく混ぜる
ときほぐした卵を2回に分けて加え、そのつど泡立て器でなめらかな状態になるまでよく混ぜます。

4:牛乳と粉類を交互に2~3回に分けて加え、よく混ぜる

牛乳と粉類を交互に2~3回に分けて加え、よく混ぜる
牛乳とふるった粉類を2~3回に分けて交互に加え、そのつど泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜます。バニラエッセンスを加えたら、ぐるぐると円を描くようにしっかりと混ぜます。ボウルを傾けて作業すると混ぜる作業がやりやすいです。泡立て器を持ち上げた時に生地がぽってりとしてつやがあり、落ちた時に跡が残るくらいがちょうどよい固さです。

5:ペーパーカップの6分目まで生地を入れる

ペーパーカップの6分目まで生地を入れる
型に入れます。大きめのスプーンを使い、生地が焼いた時あふれないように、ペーパーカップの最大量六分目までを目安に生地を入れます。

6:170℃のオーブンで25分焼き、ケーキクーラーの上で冷ます

170℃のオーブンで25分焼き、ケーキクーラーの上で冷ます
170℃のオーブンで25分焼きます。オーブンから生地の焼ける良い匂いがして、表面に充分な焼き色がついたら焼きあがりです。すぐに型から出して、ケーキクーラーにのせて冷ましておきます。

7:生クリームをホイップし、デコレーションする

生クリームをホイップし、デコレーションする
デコレーションします。生クリームにグラニュー糖を加え、ボウルに氷水をあてながら泡立て器で七分立てにホイップします。ヘラを使ってホイップクリームをカップケーキにふんわりとのせて、山形になるようならします。

8:フルーツでデコレーションする

フルーツでデコレーションする
縦に薄くスライスした苺、アラザン、ミント、キャンドルを飾ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

絞り出し袋を使わないので、お菓子作りの初心者でも簡単にできる、失敗なしのデコレーションです。今回は華やかなクリスマスのショートケーキ風カップケーキを作ってみました。上に飾るフルーツを変えたり、クリームに苺ジャムを加えたストロベリークリームで作ったりと、アイデア次第でバリエーションも広がります。クリスマスにはぜひオリジナルのおいしくてかわいいカップケーキに挑戦してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。