インディーズBEST 5

ガイド:
MECANOにはAll Aboutで僕がインタヴューしたインディーズ系アーティストのCDもかなり高い確率で置いているので、とても親近感が沸きます。MECANOでのインディーズ部門の売り上げBEST 5とか分かれば、ぜひ教えて欲しいのですが?

ではデジタルスと平沢さんは選外として(笑)、順不同で思いつくのは

Die Rekonstruktion
■4D『Die Rekonstruktion』(4-D再編!小西健司さんへの質問

Bulk 06
■Soyuz Project『Bulk 06』(解体そして再編・・・soyuz project

sekennoyousu
■秋元きつね『sekennoyousu』

Vampire Ecstacy
■Aural Vampire『Vampire Ecstacy』(地獄からオーラルヴァンパイア

Demo CDR
■pLumsonic!『Demo CDR』(にょき~v pLumsonic!

次点で
Great Composer
■Miami『Great Composer』(DRUNK SODA~ピッコリ合奏会

ですかね。これを見るとやっぱりキャラ立ちって大事ですね。

ガイド:
わぁ、紹介の6組の内、5組はAll Aboutテクノポップでインタヴューをしていますね!! まだデビューしていないインディーズ系アーティストの音源もMECANOで販売するという形で受け皿を作っておられるのが、すばらしいです。デモCD-Rは結構、送られてくるのでしょうか?

メカノ:
沢山来ますよ。メカノを全く知らないロック・バンドからも。面白ければ置きますが、ロックには辛いですよ。なにしろ私はデフォルトでCANとかThis Heatとかですから、よほど独創的でないと驚かないし、落第ですね。テクノポップとか電子音楽はC級でも味があれば優遇しますが、J-POPと同じ方向を向いていたり、あまりに自己満足の要素しか無いものはそのむねお話しして取り扱いは見合わせています。特にエレクトロニカにも辛いです。私は専門家なんで真似したり、オリジナリティが無いのはすぐ判るし、機材いじっただけなんてのNGです。売れる訳がない。
 
音楽を作って他人に喜ばれるには何かしらの「芸」は必要だと思います。PCでシーケンスが簡単に組める時代ですが、第三者が面白がれる、驚ける要素があれば上手い下手は関係なく紹介したいですね。