「兼高カオル 世界の旅」というTV番組(死ぬほど、古~い)がありましたが、音楽で世界を旅行するシリーズです。以前、「ロリータ歌姫~LIO」というClose Up!記事を「フランス通信~Part 1」として書いたのですが、これではシリーズにはなりそうもないので、こちらを「音楽世界旅行~Part 1」にシリーズ・タイトルを変更してのPart 2であります。

実のところ、Part 2では中国へ行くつもりでしたが、メロン記念日の現時点での最大のヒット曲となるであろう『さぁ!恋人になろう』が、あまりに素晴らしいので、アフリカのブルンジ共和国へ急遽、路線変更したわけです。

amazon.co.jpでCDを買うには下線タイトルをクリック!
さて、メロン記念日ですが、2000年2月にちょっとテクノ調の『甘いあなたの味』で、つんく♂ファミリーというかハロプロ系としてデビュー。モー娘。の妹分的位置付けで、「ハロモニ」にもバレリーナ戦隊として出てましたが、一番若い柴田あゆみが1984年生まれで、残り3人が1981~1982年ですから、現在のモー娘。より平均年齢高くなってる年上の妹分というちょっと嫌な存在です。

2枚目『告白記念日』、3枚目『電話待ってます』のシングルは、それほど注目を集める事もなく、「組」(メロンは組員ではないです。失礼しました。)や「祭」の仕事でしかテレビで見かけない状態でしたが、Close Up!記事「娘。になれなかった娘たち」でも紹介したクラシカル・ロケンロール歌謡『This is 運命』で、少なくとも一部マニアの注目を集めました。

その証拠に、この曲は、タンポポ、プッチモニ、松浦亜弥を抑えて、某B誌において、2001年度のレコード大賞に輝いています。つんく♂がいつもの様に作詞・作曲したと思っていたのですが、つんく♂&新堂敦士・作詞、新堂敦士・作曲、team 124・編曲となっており、つんく♂はサウンド面での貢献はないようです。

さて、シェキドルは知らないうちにハロプロ卒業をしてしまったようですが、メロン記念日は、つんく♂の全面的サポートがなくなったものの、モー娘。メンバーのレンタルもせず、独自の路線を確立しつつあるようです。今後のメロン記念日は、「つんく♂なしでハロプロは成り立つかどうか?」の試金石となるでしょう。