YAMAHAが新製品発表会を開催

DTX drum
YAMAHAの新製品発表会では、DTXを神保彰氏が演奏する形で披露された
1月20日、YAMAHAが東京・原宿で新製品の発表会を開催しました。

今回発表したのは、1月14~17日に米国・アナハイムで開催された楽器の祭典、The 2010 NAMM Showで発表した製品の日本でのお披露目といった意味合いのもの。大きく3ジャンルの製品群の発表となりました。

まずは24bit/96kHzに対応したリニアPCMレコーダーを2機種。そして、YAMAHAのエレクトロニックドラムであるDTX drumsシリーズのフラグシップモデル2機種、ステージでの演奏を目的とした木製鍵盤を採用したステージピアノのフラグシップモデル1機種の計5機種です。


DTX drum
ステージピアノCP1は、井上鑑氏がさまざまなエレピ音色を使っての演奏を披露した
この発表会にはカシオペアのドラマーであり、ソロでも幅広く活動している神保彰氏、そしてキーボーディストであり、作曲家・アレンジャーなどとしても活躍する井上鑑氏の2名がデモンストレーターとして、DTX drums、ステージピアノを演奏し、ミニライブを披露してくれました。

この一見無関係に見えるこれらの新製品に、ひとつ大きな共通点があるのです。それが、すべてにDAWソフトであるCubase AI 5がバンドルされていること。今回はその背景などについて考えてみましょう。