DAWとは一線を画すレコーディングソフト

Propellerhead Software Record
Propellerhead Softwareから従来のDAWとは異なる新世代レコーディングソフト、Recordが発表された
Reasonで有名なスウェーデンのソフトメーカー、Propellerhead Softwareから、新製品「Record」が今年9月に発売されると発表されました。

発表によるとRecordは従来のDAWとは一線を画す、ミュージシャンのためのレコーディング・ソフトであるとのこと。コンピュータの中でレコーディング・スタジオと同じ機材を利用することができ、実際のハードウェアを操作する感覚でオペレーションが可能な、分かりやすいユーザー・インターフェースを備えているのが特徴です。


Propellerhead Software Record
YouTubeに掲載されているRecordのプロモーションビデオ
まだ筆者自身、このソフトを触ったことはないのですが、スペックやキャプチャされる画面やプロモーションビデオを見ると、久しぶりにワクワクする感じのソフトのようです。どんなソフトなのか、その概要を紹介していきましょう。


オーディオを自在に扱えるようにしたReason!?

Propellerhead Software Record
Reasonと非常によく似たLook&FeelのRecordの画面
では、DAWとは異なるレコーディングソフトって、どんなものなのでしょうか?

Recordを一目見た感じの印象は、やはりReasonの兄弟ソフト。実際、Reasonと同じモジュールもいくつか搭載されているようですし、ラックを使ってモジュールを組み合わせていく考え方も同様のようです。ただ、ご存知のとおり、Reasonは基本的にシンセサイザとエフェクト、それにMIDIシーケンサで構成され音楽を作っていくソフトであり、オーディオが扱えないというのが特徴でもあったのです。ボーカルを入れたいとか、自分で弾いたギターをレコーディングするという機能は持っていなかったのです。

それに対し、Recordはオーディオも自由に扱えるように、Reasonの仕様を大きく変更したものと考えると分かりやすいそうです。もちろんReasonを拡張したとか、Reasonのバージョンアップ版というのではなく、ラックでモジュールを組み合わせるという考え方を引き継ぎながら、オーディオレコーディングができる新ソフトとなったというわけです。