EDIROLブランドからCakewalkブランドへ

UA-1G
Cakewalkブランドで登場したUA-1G
RolandのDTMブランドといえばEDIROL(エディロール)が広く浸透してきましたが、ここに来て、それがCakewalk(ケークウォーク)に変更されることになりました。筆者個人的には「せっかく築き上げてきたブランドなのになんで?」という思いもあるのですが、いろいろ整理した結果、そのようになったようです。

ご存知のとおり、Cakewalkは、SONARをはじめとするWindowsベースの音楽制作ソフトウェアのメーカー。そのCakewalkが2008年1月にRolandの100%子会社となったことから、「Cakewalk by Roland」というブランド名となっていました。さらに「SONAR V-STUDIO」シリーズなど、Cakewalkがハードウェアも展開するようになったことから、DTMブランドは「Cakewalk by Roland」に一本化されたようなのです。

ではEDIROLがなくなったかというと、そうではありません。ビデオ関連機材のブランドとして残されているほか、R-09HRなどのリニアPCMレコーダー、M-16DXなどのデジタルミキサーのブランドとしてはEDIROLということのようです。この辺が、いまいちスッキリしないところではありますが、Cakewalkはハードウェアのブランドともなったわけです。


既存のUA、UMシリーズのエントリーモデルが一新

UA-1G
UA-1Gの前モデルであるUA-1EX。見た目も機能も大きく変わっている
そのCakewalkブランドのエントリーユーザー向け製品が、4種類発売されました。具体的には
   UA-1G
   UM-1G
   UM-2G
   UM-3G

のそれぞれ。


UA-1G
3IN/3OUTのMIDIインターフェイスであるUM-3G
順に簡単に紹介するとUA-1GはUA-1EXの後継モデルのUSBオーディオインターフェイス、UM-1GはUM-1EXの後継となる1IN/1OUTのMIDIインターフェイス、UM-2GはUM-2EXの後継で2IN/2OUTのMIDIインターフェイス、UM-3GはUM-3EXの後継で3IN/3OUTのMIDIインターフェイスとなっています。

それぞれデザイン的に、またスペック的にも多少変化しており、たとえばUM-2EXでは1IN/2OUTであったのがUM-2Gになって2IN/2OUTになるなどしています。