SONAR6の顔をした低価格バージョン


SONAR Home Studio 6
SONAR 6のユーザーインターフェイスで低価格を実現したSONAR Home Studio 6
いま非常に人気のあるWindows用のDAWソフト、CakewalkのSONAR。オーディオもMIDIも扱え、あらゆるニーズに対応する高機能ソフトですが、最新のSONAR 6 Producer Editionが実売で85,000円程度、その下のSONAR 6 Studio Editionでも50,000前後と結構高価。

とくに初めてDAWを使ってみようという人にとって、ソフトだけでこの価格というのはなかなか厳しいかもしれない。本当に自分に向いているのか、自分で使いこなすことができるのか、と不安に思っている人にとって、いきなりこの金額を出費するのはなかなか大きな決断がいるでしょう。

そんな中、基本的にSONAR6と同じオーディオエンジンを搭載し、SONAR6と同じユーザーインターフェイスでありながら、実売価格が15,000円と、非常に手ごろなソフト
   SONAR Home Studio 6
が登場するのです。初心者は、まず使わないだろうという機能を削ってこの価格に設定しているので、なかなかうれしい製品といえそうです。


SONAR Home Studioが4から6へ


SONAR Home Studio 6
SONAR Home Studio 4から6へのバージョンアップにより非常に高機能、高性能になっている
なかには、バージョンアップしたのか、と思う方もいるでしょう。そう、以前からこの価格帯の同じコンセプトのソフトとしてSONAR Home Studio 4というソフトはありました。しかし、その名前を見ればわかるとおり、これはSONAR 4をベースにしたもので、現在の主力は、そこから2世代先のSONAR 6。やはり買うならSONAR 6がいいな、と思っている人も多いはずです。

そんな期待に応えてくれるのが、今回登場したSONAR Home Studio 6というわけです。もちろんオーディオエンジンとユーザーインターフェイスが変わったというだけではありません。非常にさまざまな機能が追加され、上位版のSONAR 6 Studio Editionとかなり近い位置づけになっているのです。