DTM・デジタルレコーディング関連の雑誌やWebを見ていて、よく目にするASIOとかASIOドライバという言葉。これは一体何モノなのでしょうか?
 このASIOというのは「アジオ」と読むのですが、正確には
Audio Stream Input Output
の略で、オーディオドライバの規格なのです。ドライバなどといわれると難しそうな話にも思えますが、単純に規格の名前だと思ってもらったほうが分かりやすいかもしれません。

 ASIOドライバというのは、CubaseSXやCubaseVST、WaveLabなどを開発するSteinbergというドイツのソフトメーカーが生み出したオーディオのドライバのことで、非常に性能がいいということで、DTMやデジタルレコーディングの世界において急速に広がり、すでにデファクトスタンダードになっているものです。
 また、このASIOドライバは、WindowsにもMacintosh用にも存在しているという、ちょっと珍しいドライバとなっており、どちらのプラットフォームにおいてもハイエンドのサウンドツール用ドライバとして普及しています。
 普段あまり、ドライバの規格など考えたことはないと思いますが、簡単に整理しておきましょう。まずWindowsに関することからです。Windowsでは従来よりMMEドライバ、DirectSoundドライバという2つが存在していました。
 MMEドライバというのは、Windowsのごく標準のドライバを指しており、コントロールパネルのマルチメディアを開いて扱える通常のオーディオドライバのことを意味しています。このMMEというのはMultiMediaExtentionの略であり、もうあまり聞かなくなりましたが元々はWindows3.0時代にWindowsの拡張用として登場したマイクロソフトの規格なのです。
 またDirectSoundドライバはその後に登場したDirectXという一連の技術の中のDirectSoundに対応しているドライバです。さらに、現在のWindowsではWDMドライバというものも登場しており、ちょっと複雑な状況にあります。
 では一方のMacintoshはというと、これまでSound Managerというものが標準的なドライバとして用いられてきました。これはWindowsでいうMMEやDirectSoundに相当するものと考えてもいいでしょう。しかし、OS XになりCoreAudioという新しいドライバが登場しています。