染め上がった布など
結論からいえば、とってもきれいに染まりました!(参考図書:母袋信恵『草木染め』ブティック社、2006年)
「染物」は家庭でも意外に簡単にできるらしいと聞き、さっそくチャレンジしてみました。大なべでぐつぐつというような大がかりなものではなく、自然の材料を使って、子どものこまものにできそうな少量だけ染めます。今回の材料は、簡単に手に入る「たまねぎの皮」。きれいな黄色に染まるでしょうか?

<INDEX>
■ タマネギ染めの準備
 いざ!染めてみましょう
 染物の絵本と参考書

道具の用意

道具の用意
家庭にあるものや、100均ショップで買ったもので、お手軽な染物体験。たまねぎの皮が一番大事ですね。
<用意するもの>
・小さな鍋
100円均一ショップで購入したホウロウ製。草木などで染める場合は、料理用のお鍋と別にしましょう。

・たまねぎの皮とそれを入れておくボウル
3個分のたまねぎの皮をためました。自然に乾燥します。噂では、有機や無農薬のタマネギはいい色が出るとか。乾いた部分を使用します。

・みょうばん
色素を定着させるのに使います。食品添加物なので、スーパーのお漬物や乾物のコーナーにあります。

・割りばし、エプロン、雑巾、ゴム手袋など

染めるものの用意

「ろくろ倶楽部」中身
染めたいものならなんでもOK。蛍光塗料で白く染めてあるものは要注意です。
染めたいものならなんでも、ご家庭にあるものでよいと思います。

<今回用意したもの>
・ワイシャツ生地のはぎれ(14×38[センチ])
・無印良品「落ちワタふきん」(40×40[センチ])
・余りものの毛糸(アクリルとウールの混紡5グラム分ほど)


>>次のページは いざ!染めてみましょう