暖かいシーズンに相応しい爽やかなスタイルと言えばマリン。その着こなしを締めくくる足元の定番がデッキシューズです。今シーズンのトレンドとなっているアイビープレッピーといったアメリカントラッドとも相性抜群なので、是非とも履きこなしてください。

ちなみにデッキシューズは文字通り、甲板(deck)で履くために生まれました。水に強いアッパーや滑らないように工夫したソールなどがその証しです。そんな機能性も併せ持つデッキシューズの中でも、今季お勧めの5足を、カウントダウン形式で紹介します。

第5位:カラフルなチャーチ

deck-shoes
4万4100円/チャーチ(チャーチ ジャパン TEL:03-5466-3454) Photo:石井幸久
チャーチは、1873年にトーマス・チャーチが創業し、エリザベス女王から表彰を受けたこともある有数な英国ブランド。設立当初から一般向けの靴を製造していましたが、第二次世界大戦中は軍用靴も製造していました。そして、いま現在はラグジュアリーブランドとしての地位を確立しています。

写真の一足は、イエロー、ネイビー、ホワイトという3色のカラーリングがポップ。周囲とは異なった個性ある靴を選びたいという人にお勧めの一足です。足元にアクセントをつけたい時はもちろんですが、長めのノーズが都会的な雰囲気を醸してくれるので、意外と履きこなしやすくなっています。

第4位:履きまわしやすいアルフレッド・バニスター

deck-shoes
2万9400円/アルフレッド・バニスター イン(アルフレッド・バニスター代官山店 TEL:03-5458-5010) Photo:石井幸久
知らない人も多いかもしれませんが、実はアルフレッド・バニスターはドメスティックブランドです。日本人向けに日本人のデザイナーが創作しているので、デザイン性と履きやすさを兼備。幅広いラインナップも特徴で、性別を問わず人気があります。

今回紹介するのはアルフレッド・バニスターらしいシューズ。ノーズが細めに作られており、モードなファッションに組み合わせたい人にピッタリです。グレーレザーがシックなので、合わせるパンツを選びませんし、モカシンに近いデザインなので履きこなすのも容易いはずです。かかと部分にはクッション素材が使用され、長時間履いても疲れにくくなっています。


次のページでは、3位と2位のシューズを発表します。