文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)

古今東西、時代を超えて、ハゲでもかっこいい有名人を独断と偏見で選んでみました。読んでいただければ、「かっこいい」に薄毛はさほど関係していないことがご理解いただけるでしょう。何かに秀でている人物は、ハゲorフサに関係なく、輝いているものなのです。

まずは過去記事から
薄毛有名人を再チェック

ランキングに入る前に、以前の記事“「薄毛でも好き」な有名人ランキング”をおさらいしておきましょう。20代~30代の女性約50人が選んだトップはショーン・コネリー。2位はブルース・ウィリス、渡辺謙、ジャン・レノの3人で、3位はケビン・スペイシー、竹中直人という顔ぶれでした。ほかにもサッカー選手のジダンや志村けんといった名前が上がっていました。今回は、その他、ガイドが気になる薄毛を個性や強みにしている有名人から選んでみました。

第5位「ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)」

英雄も実はハゲを気にしていた?
『ローマ人の物語〈4〉― ユリウス・カエサル-ルビコン以前』新潮社/本)
~英雄色を好む~
暗殺される際、「ブルータスお前もか」という言葉を残したことで有名なシーザーは、古代ローマの英雄で、肩書きも政治家、軍人、文筆家と多彩。紀元前100年~44年に生きた歴史上の人物ではありますが、当時「ハゲの女たらし」と呼ばれていたというあたり、ハゲてはいても女性から見て相当魅力的だったことがうかがえます。かのクレオパトラまでモノにしたのですから、シーザーほどすべてに卓越した人物なら、ハゲなどたいした問題ではなかったのでしょう。シーザー本人は、ハゲを気にしていたそうですが……。

「女たらし」ぶりは彼の軍団兵たちも十分承知しており、凱旋式(この時だけ将軍=シーザーに何を言っても許される)の時には「夫たちよ、妻を隠せ。薬缶頭(つまりハゲ)の女たらしのお通りだ」という声が兵たちの間から上がったという逸話が残っています。シーザーがイギリス海峡を攻めたのは、テムズ川河口の良質な牡蛎を得るためといわれていますが、牡蛎には「セックスミネラル」と呼ばれ、精子を濃くする効能がある栄養素「亜鉛」が多く含まれています。当時から、経験的に精力増強の効果があることが、なんとなく分かっていたのでしょう。

牡蛎のパワーで性豪(たぶん)だったシーザーは、女性へのプレゼント作戦も巧みだったそうです。「女性はマメな男性に弱い」は、紀元前から有効だったわけですね。

第4位「芋洗坂係長」

デブでハゲを個性にブレイクした芋洗坂係長(前列右)。
『R-1 ぐらんぷり 2008』よしもとアール・アンド・シー/DVD)
~デブ+ハゲ、マイナス要因を前面に~
日本一のピン芸人を競う「R-1ぐらんぷり2008」で準優勝。キレのいいダンス+替え歌でブレイク中なのが芋洗坂係長です。この「芋洗坂係長」というのは、実はキャラクター名で本名は小浦一優。役者、ダンサー、振付師としても活躍している彼ですが、かつて俳優の田口浩正と「テンション」というコンビを組み活躍していたことがあります。そのコンビ解消後、相方ばかりがどんどん売れていくことに、焦りもあったようです。そんな中で起死回生のホームランとなったのが、先に挙げた「R-1ぐらんぷり2008」だったわけですが、この準優勝に一役買ったのが、デブでハゲで、おまけにメガネという一度見たら忘れられない個性的なル抃クス。ともすると、マイナス要因に見られがちな面を、逆に前面に出すことで、人気を博した典型的な例と言えるでしょう。

第3位「ジュード・ロウ」

ハンサムなジュード・ロウは役づくりで薄毛に!?
『ジュード・ロウ 理想の恋人、女の敵』ブルース・インターアクションズ/本)
~スターが役づくりで薄毛に!?~
『コールドマウンテン』『A.I.』等への出演で知られるイギリスの映画俳優。「地上で最もハンサムな映画俳優の1人」といわれるほどのイケメンで、女性に大人気です。役作りのためにはかなり無理をするタイプで、『ロード・トゥ・パーディション』で演じた殺し屋役では、なんと髪の毛を抜いて臨んだといわれています。ロバート・デニーロも、『アンタッチャブル』でアル・カポネを演じた際、髪の毛を抜いてまで役作りをしたそうですが、ジュード・ロウは、その役作りがたたって薄毛になりつつあるといわれています。無理に髪の毛を抜くと、毛根を痛めてしまうので、真似しちゃいけません。

次ページでは第1位と第2位を発表