文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
髪の健康のためには、食事や生活習慣、正しいシャンプーやリンスの仕方が大切なことは、これまでに幾度もお話をしてきました。そして、もう1つのポイントが、頭皮の血行を良くすること。そこで今回は「薄毛さん応援企画」として、実際にモデルさんに登場していただき、「自宅でできる頭皮マッサージのコツ」をレポートしてもらいました。ご協力いただいたのは「髪の悩み・対処法」ガイドの北澤秀子さんです。

簡単にできて血行も良くなる
「顔ヨガ」3つをご紹介

みなさんは「顔ヨガ」という言葉を聞いたことがありますか? 簡単にいうと、顔にある「表情筋」と呼ばれる筋肉を鍛えるエクササイズのことです。表情筋を鍛えることにより、肌の衰えを防ぐ美容法であると同時に、首から上の血行を良くし、頭皮や毛髪にもよい影響を与えてくれます。

そんな顔ヨガの中から今日は、誰にでも簡単にできる3つのエクササイズをご紹介しましょう。

◎1つ目は「前頭筋・後頭筋」のエクササイズ

《やり方》

(1) 眉を上げ、5秒間かけて目を見開く
(2) 目を見開いたまま、5秒間保つ
(3) 5秒間かけて自然の表情に戻し、目をつぶる
(4) 最後に自分の一番いい表情をする
※これを5回繰り返します

「前頭筋・後頭筋」のエクササイズ

目を見開くのに5秒、開いたままで5秒、元に戻しながら5秒と数えながらエクササイズしましょう。この一連の動きで、前頭筋と後頭筋を動かします。また、ポイントの1つは、(4)に書いてあるとおり、最後に自分の一番いい表情を浮かべること。こうすると、その表情が固定されるそうです。鏡に向かって自分の一番いい顔をアレコレと試しながら、ぜひ、挑戦してみてください。

◎2つ目は「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」のエクササイズ

《やり方》

(1) 首を右いっぱいに3秒間かけて回す
(2) 5秒間、そのままでキープ
(3) 5秒間かけて、今度は左いっぱいに回す
(4) 5秒間、そのままでキープ
(5) 5秒間かけて、自然の状態に戻す
※これを3回繰り返します

「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」のエクササイズ

姿勢を正し、首をゆっくりと右に回し、回りきった姿勢で5秒間保ちます。今度は逆(左)に首をゆっくりと回し、また、回りきった姿勢で5秒間保ちます。そして、最後に5秒間かけて自然の状態に戻してゆきます。胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)とは、耳の後(側頭部)から鎖骨・胸骨に向かって伸びている筋肉のこと。この筋肉を思いっきり伸ばしてゆくのがポイントです。

◎3つ目は「広頸筋(こうけいきん)」のエクササイズ

《やり方》

(1) 背筋を伸ばし、5秒間かけてゆっくりと、天井を仰ぎ見る
(2) そこで下唇と下あごを5秒間かけて押し出す
(3) 5秒間、そのままでキープ
(4) 5秒間かけて、自然の状態に戻す
※これを3回繰り返します

「広頸筋(こうけいきん)」のエクササイズ

上をゆっくりと仰ぎ見て、また、元に戻る。その一連のエクササイズで広頸筋を動かし、血液の流れを良くします。これにより、頭皮の血行も良くなり、発毛・育毛効果につながります。ポイントは、上を仰ぎ見た状態で、下唇を突き出す点。やってみると、想像以上に、広頸筋が伸びることが実感できます。

ここまではいかがでしたか?

次のページでは、自分でできる頭皮マッサージをご紹介しましょう。