文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
髪のケアは情報戦。正しく理解することが、健やかな髪への第一歩なのです。ではまず、あなたは発毛、育毛、増毛、植毛の違いがわかりますか? 基本的なこれらの言葉ですが、意外とわからない方もいるのでは? 「知っているよ」という方も、念のためにご一読ください。

ハゲたら「発毛」
細毛は「育毛」

髪が気になる男性
髪に関する正しい知識を身につけることも大切。ご自分の髪、正しく知っていますか?
まずは「発毛」から。髪が抜け去りハゲてしまったところに、再び髪が生えるようにすることを発毛と言います。ちなみに薬局の店頭では“発毛剤”が売られていますが、成分上、これは風邪薬や頭痛薬と同様の医薬品に区別されています。個人差や副作用を考慮する必要があるので、薬剤師や医師のような専門家と相談の上、使用するものです。

一方の「育毛」は、現在生えている髪の毛を健康に保ち、抜け毛を防ぎ、太く強い髪にすること。髪の1本1本が細くなった、脱毛が増えたといったような、ハゲというよりは、その前段階の人が取り組むのが「育毛」とお考えください。

発毛と育毛が違うのと同様、発毛剤と育毛剤も成分や効能が異なります。それゆえに、ホントは育毛剤を購入すべきところを発毛剤にしてみたり、あるいはその逆だったりすると、トラブルの素になりかねない、というわけです

自分では気づきにくいのが
髪のケアの難しさ

時計
生活習慣や食生活も健康的な髪のためには欠かせない要素。みなさんは大丈夫ですか?
「発毛」も「育毛」も、市販されている発毛剤や育毛剤を購入し、個人でスタートできるもの。それで見事回復する場合もあるでしょう。ただ、髪のケアの難しいところは、頭皮に何かをふりかけるだけではなかなか効果が出ないところです。生活習慣や食生活も重要なファクターであるため、生活の見直しが不可欠なのです。自分の生活を客観的に見て、問題点を探るというのは当事者が気づかない部分もあるため、専門家のアドバイスを参考にするのも1つの手段です。冒頭で「髪のケアは情報戦」と書きましたが、間違った情報を頼りに自己流で突き進んでしまったら、悪化してしまう怖さがあるのです。

専門家は、1人1人の髪の状態に適した育毛剤(時には発毛剤)やシャンプー・リンスを用意して、マッサージや機器によるケアを行います。加えて、日頃の髪のケアについてのアドバイスも行い、正常に髪が生えて育ち、抜け落ちる本来のサイクルを取り戻すまで面倒を見る、というのも専門家の役割なのです。

次は増毛・植毛について