里芋の下ごしらえ・洗い方について

下ごしらえ
下ごしらえなので、さといもをゆでても生ゆで状態です
  • 独特のぬめりを処理することで、味がしみこみやすくなります。
  • 泥を洗い落とした後、よく乾かしてから皮を剥けば、すべることなく剥きやすくなります。
  • ぬめりの成分で、手がかゆくなるので、剥いた芋を酢水に浸けたり、手に酢をつけておくとかゆみが和らぎます。
  • 皮を剥いたら塩でもみ洗いし、沸騰したお湯で3分~5分ゆで、ざるにあけて、ぬめりを洗い落とします。
 

里芋の切り方

六方むき:きれいな六角形になるように切る切り方で、煮物お正月料理で活躍します。味が均一に行き渡り、見た目もよいです。
 
六方むき1
1: 里芋をたわしなどで洗い、泥を落とします。

2: 里芋の上下を平行になるよう、厚めにに切り落とします。
 
六方むき2
3: 2の上部に六角形になるよう、円の周りに切り込みを入れておきます。
 
六方むき3
4: 左手で3の上下を持ち、3の切り込みに包丁の刃を当てて、皮の幅が変わらないよう、下に向けて皮を剥きます。
 


4つ割り:里芋を食べやすい大きさに切る切り方、素朴な家庭料理にぴったりの剥き方です。煮っころがし煮物筑前煮などの料理で活躍します。小さいさといもなら2つ割りでも。
 
4つ割り1
1: 里芋をたわしなどで洗い、泥を落とし、皮を剥きます。
 
4つ割り2
2: 半分に切ります。
 
4つ割り3
3: 2の切り口を下にして、さらに半分に切ります。
 


輪切り:薄めに切って、オーブンで焼いたりグラタンにしたりするのにおすすめの切り方です。
 
輪切り1
1: 里芋をたわしなどで洗い、泥を落とし、皮を剥き、横に置いて端から好みの幅で切ります。
 

関連レシピ:里芋の含め煮・お正月のおせちの縁起物
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。