文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
「雨を地肌に感じるようになった」「話している相手の視線が頭に向かっている」「帽子がぶかぶかに感じるようになった」など、薄毛の進行を裏付けることがらはいろいろ。

そこで今回は、20代~50代の薄毛男性に「どんなときに薄毛を自覚したか」をアンケート調査。ほのぼのとした(?)内容のものから、切実な状況まで、まとめてご紹介しましょう。

防犯カメラで初めて見た、自分の頭頂部

集計の結果、薄毛を自覚するケースには「自分で気づいた」場合と「周囲の人に指摘されて気づいた」場合とがありました。そこでまずは、「自分で気づいた」方々の回答をご紹介しましょう。

【視覚的に分かったケース】
image
オフィスのマドンナと一緒にいるときにギョッ! でも慌てないこと。
いただいた回答で多かったのが、当たり前ですが「鏡を見て気がついた」というものでした。特に生え際の後退が薄毛を自覚するキッカケになっているようです。

●「鏡を見て、生え際が後退していることに気がついた」(K・Kさん/31歳)

●「分け目から地肌が見えるようになってきた」(I・Yさん/35歳)

●「エレベーターに乗っていたとき。防犯カメラに映る自分の頭頂部を見たら、ハゲていた。これから会議だというのにそれどころではなくなった」(G・Mさん/41歳)

●「彼女にフラれ、昔の写真を未練たらしく眺めていたとき。以前はもっと髪があった事実に、フラれた以上にショックを受けた」(A・Mさん/33歳)

●「卒業アルバムの写真と今の姿を見比べて」(O・Mさん/40歳)

●「免許更新時、更新前の写真ではフサフサだった」(T・Tさん/39歳)

●「帰りの電車で、窓に映る自分の地肌が透けて見えた」(E・Sさん/30歳)


【抜けた髪の毛の状態で悟ったケース】
image
読者にはおなじみの毛根の写真。もちろん右が危険な抜け毛です。
この気づき方は「とても寂しい気持ちになる」という人が多かったようです。「喪失感とともに、あせる気持ちがわき起こってきた」と打ち明けてくれた人もいました。

●「シャンプーで、『髪の毛が全部抜けた!』と思うほど、排水溝に抜け毛がたくさん落ちていた」(T・Fさん/36歳)

●「朝、枕にたくさん抜け毛がついていた」(T・Wさん/29歳)

●「クシについた抜け毛の量が、尋常でなかった」(N・Yさん/31歳)

●「落ちている抜け毛を見たら、うぶ毛のように髪が細くなっていた」(Y・Rさん/31歳)


【感覚で自覚してしまったケース】
何気ない時に「あっ、これは!」と感じてしまったケースです。突然の出来事として認識するみたいですね。

●「久しぶりに体を鍛えようと腹筋をしたとき。頭の後ろに手を組んだら、やけに寂しい感触を感じた」(Y・Kさん/37歳)

●「クシのとおりが以前に比べてスカスカになった」(M・Tさん/45歳)

●「外出時、頭部に太陽の光を強く感じるようになった」(R・Yさん/31歳)

●「帽子を被ったときの感触が、以前と違っていた」(M・Kさん/36歳)

●「髪にコシがなくなり、前の髪型がやりにくくなってきた」(T・Mさん/25歳)

●「雨を誰よりも早く地肌で気がつくようになった」(T・Kさん/42歳)