付けたら抜けた? 整髪料が与える影響とは…

image
最近髪が薄くなってきた。それって整髪料のせい?
それでは、整髪料が髪に与える影響について考えてみましょう。
問題は2つあります。

(1)毛穴への影響
毛穴からは、皮脂と呼ばれる脂分が毎日排出されています。整髪料を使うと髪に粘着力が増すため、ゴミやホコリが付着しやすくなります。結果、不純物が地肌にひっつき、毛穴がふさがれてしまいます。
脂分はヘアケアの大敵。毛穴がふさがれることで本来外に出るべき皮脂が内部に溜まり、髪に栄養が行き渡りにくくなって抜け毛を引き起こしてしまうのです。

(2)髪自体への影響
整髪料の多くは「界面活性剤」と呼ばれる成分を含んでいます。この成分は、髪をなめらかにしたり柔軟性を持たせる働きを持っていますが、逆に、マイナス面もあります。髪の毛をつくるタンパク質を奪い、枝毛や髪の毛が細くなる原因にもなるのです。これは、付けすぎた場合に顕著ですね。

こうみると、整髪料を使うことは少なからず髪に影響を与えていることがわかります。もちろん使わないにこしたことはないですが、しかしモテハゲになるためにはヘアスタイルも大切な要素。そこで、整髪料を使う際に、ぜひ心がけたいポイントを紹介しましょう。

付けたら、髪を必ず洗うこと!

image
整髪料を付けたら、しっかりシャンプー。これが基本です!
まず、整髪料が髪に付いている時間を極力減らしましょう。たとえばきちんとセットしてイケてる髪型で彼女とデートしたとしても、帰ったら即シャンプーして洗い落とすこと。ずっとそのままにしていたり、ましてやそのまま就寝したりすると、やはりヘアケアのためにはよくありません。
整髪料を落とすときは、正しいシャンプーの仕方で、髪だけでなく頭皮もしっかりと洗ってください。洗髪する前に、ブラッシングしたり、髪に温かいタオルを巻けば、油分やフケが浮き出して汚れが取りやすくなります。

また付けすぎないことも大事です。使う量が増える分だけ、髪や頭皮に影響が出やすくなります。ですから、付けるときに直接頭皮にかからないように注意して、なるべく髪の表面だけに馴染ませるようにすることも大切です。

特にヘアスタイルをガッチリ固める強力タイプなど、整髪料にはガンコなものも少なくありません。しっかり洗ったつもりでも、不純物は蓄積されているかも。そんな場合は定期的に育毛サロンを利用して、毛穴シャンプーなどをしてもらってもいいかも知れませんね。

◎関連記事
君は正しくシャンプーしてるか?
薄毛にイイ市販シャンプーを選ぶ
抜け毛がおこるのは、なぜ?
2006年イケてる薄毛ヘアスタイル



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。