メラノサイトを健康に保つためのヘアケア

image
まず、地肌に直接働きかけるケアが重要! それにはシャンプーやヘアパック!?
白髪によいヘアケアとは、メラノサイトを活性化するものです。先ほど、メラノサイトに悪影響を与えるものとして、加齢、ストレス、偏った食生活をあげましたが、それらを防ぎ(加齢は、仕方ありませんね)、メラノサイトの細胞をできるだけ健康に保つことが大切です。

●外側からいたわる
メラノサイトを活性化するには、多糖類のヘアパックをおすすめします。多糖類とは、セルロース、グリコーゲン、ヒアルロン酸など、細胞の老廃物の代謝を促す成分です。多糖類は頭皮の角質層を修復し、メラノサイトを健康に保ちます。

また、シャンプーは地肌に優しいアミノ酸系のものがおすすめです。市販のシャンプー、リンスには科学物質を多く含むものもありますが、アミノ酸系のものは人の肌と同じ弱酸性なので、頭皮を痛めません。

●食べ物でいたわる
image
亜鉛も銅も含んでいる牡蠣は、「白髪から黒髪へ」の大きな味方!?
ミネラルが不足するとメラノサイトの働きが低下するとお話ししましたが、当然、充分なミネラルがあれば、メラノサイトも元気になります。ミネラル群の中でも、亜鉛と銅はメラニンの合成に関わる重要な要素。“髪の黒さ”に大きく貢献します。
ミネラルは体で作り出すことができないので、食品で補う必要があります。そこで下記のようなものを進んで摂取するとよいでしょう。

◎亜鉛を含む食品……牡蠣、ショウガ、牛肉、ごま、アーモンド、小魚、海草、緑茶など
◎銅を含む食品……牡蠣、牛レバー、アーモンド、アボガド、ホタルイカなど

このほかのミネラルに関しては、カルシウムを豊富に含むひじきや、鉄分を多く含むごまが髪に良いとされています。また、食事で足りない分はサプリメントを利用してもよいでしょう。

●暮らし方でいたわる
メラノサイトの大敵であるストレスをなくすことが大切です。ストレス解消には、やはりリラックスが一番。ストレスを完全に取り払える現代人など皆無だ、とガイドは思いますが、夜ゆっくりとお風呂に入って心身ともにくつろいだり、好きな音楽を聴いたり、適度なスポーツで汗を流したりと、落ち着ける、なごめる、好きなことができるという時間をつくってください。

なお、白髪がイヤで抜いてしまう、という話を聞きますが、これはおすすめできません。
むやみに抜くと、生きている毛母細胞を引き抜いてしまい、頭皮にもダメージを与えます。
髪を抜いても細胞が再生されれば髪は生えますが、ダメージのせいで再生されなくなってしまったら、その毛穴からはもう髪の毛が生えてこなくなってしまいます。「どうしてもすぐに白髪を目立たなくしたい!」という方は、髪にやさしいカラーリング剤を選んで染める方が、髪の健康にはよい対処法です。


今回の白髪に関する話、いかがでしたか? 白髪に関しては分からないことが多いものの、その研究は着実に進んでいます。今後も最新情報をお届けしていきますので、お楽しみに。

◎関連記事
髪の毛の基礎知識と自慢できる雑学/学術編
髪によい食材 モテハゲの隠れ屋~デートは髪によい店で
シャンプー、リンス、トリートメント考


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。