文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
これまでシャンプーについて、製品の選び方からシャンプーの仕方まで、何度かご紹介してきました。今回は、リンスやコンディショナー、トリートメントにも注目し、それらに関する健やかな髪と地肌のための情報をご提供します。

シャンプー、リンス、
コンディショナー、トリートメントとは?

image
使い方ひとつでヘアケアに大きな差!?
まず、「シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの違いは何か?」から。女性にはお馴染みでも、リンスとトリートメントの区別がつかない男性も多いはずです。そこで、それらの違いを簡単に見てみましょう。


シャンプー:髪の毛や頭皮の汚れを洗い流すための、頭髪用洗剤です。主に頭皮用のマイルドなシャンプーと、頭皮と頭髪を同時に洗うシャンプーがあります。

リンス:洗ったあとの髪の毛どうしの摩擦やパサつきを抑えるために、表面をコートするもの。キューティクルを整え、すべりを良くします。

コンディショナー:メーカーによって曖昧な点はありますが、リンスとほぼ同じ働きをもつものです。

トリートメント:リンスやコンディショナーに比べて、さらに毛髪の内部に成分を浸透させ、毛髪に油分や水分、タンパク質を補うもの。髪にツヤやハリを与え、しなやかにします。リンスと違い、10分程度時間をおいて成分を浸透させることが必要です。

脂や汚れを落とすシャンプーに対し、何かを付加して髪の毛を守るのがリンスやコンディショナー、トリートメントだということが分かりますね。

シャンプーを使う時の注意点

image
カラダに優しいことが、基本です。
それでは、まずシャンプーに関する注意点です。大事なのは、シャンプーの仕方。これまで何度もお話してきましたが、シャンプーの仕方こそ、ヘアケアにとって重要な要素。次のようなことに気をつけてください。

・予洗いをする
・シャンプーをきちんと泡立てる
・髪と頭皮をじっくり洗う
・しっかりすすぐ
詳細は、過去の記事でご確認ください!

また、シャンプーの選び方も重要です。薄毛の人の頭皮は刺激に弱くなっているもの。ですから基本的に、頭皮専用のマイルドなシャンプー、つまり刺激の少ないシャンプーがお勧めです。刺激が少ないとは、

1.表示指定成分が少ない
2.髪や頭皮と同じph値の「弱酸性」である
3.マイルドな洗浄力を持つ

――ということです。この辺をチェックしてみてください。
また、以下のようなところにも留意するとよいですね。

・頭以外を洗ってみる
ベタついたりカサついたり、刺激や痒みを感じるものは避けましょう。
・広告に惑わされない
テレビCMなどのイメージだけで選ぶのはやめましょう。
・「天然」を過信しない
「天然=商品が優れている」とは限りませんので、注意しましょう。
・値段につられない
値段と商品の質は必ずしも比例しません。「高いから良い」と信じ込むのは危険です。