電車通勤は立派なエクササイズ

電車通勤
電車通勤は思いの他たくさんのカロリーを消費しています
普段電車に乗っていると、席が空くと真っ先に座ってしまいませんか? でも、ちょっと待ってください。座ると消費カロリーが少なくなりますよ。実は、電車で立っているのも立派なエクササイズ。バランスを取るためにたくさんの筋肉が使われ、座っているより2倍のカロリーを消費してます。片道30分電車を使う方なら、1年で2kg減らせるだけのカロリーを、立っているだけで消費できるのです。

電車で立つ、会社や駅まで歩くといった動作は、座る、寝るといった安静状態とは異なり、エクササイズしている状態と言えます。また駅や会社まで歩くのもウォーキングとしてエクササイズに加えられるので、電車通勤はかなりのカロリーを消費するエクササイズとも言えます。では、具体的にどれ位のカロリーを消費しているのでしょうか。

まずは、消費カロリーを計算

まず座っているのと立っているのではどれ位、消費カロリーの違いが出るか計算してみましょう。エクササイズの消費カロリーを計算するのに便利なMETSエネルギー換算法で消費カロリーを計算します。
<座っている時と立っている時の消費カロリー>
電車の消費カロリー一覧
電車で立っているだけで、座っているより2倍カロリーを消費していることがわかります(METSエネルギー換算式を元に計算)


METSエネルギー換算法

<各運動のMETS値>
運動種類別METS値
運動の種類・強度によりMETS値は変化します
METS(metabolic equivalents)は、エクササイズなどの身体運動が安静時を1とした時に、何倍の運動かを示しています。運動強度が高いほどこのMETSの値も高くなり、体重と時間をかければ消費カロリーが計算できます。この方法をMETSエネルギー換算法と言います。少々難しくなってきましたが、右の表から各エクササイズのMETS値が分かれば、それに体重(kg)と運動時間(h)をかければ消費カロリーを算出できます。

消費カロリー=体重(kg)×METS×運動時間(h)

例えば体重70kgの人が30分間、普通の速度(4METS)でウォーキングした場合の消費カロリーは70(kg)×4(METS)×0.5(h)=140kcalとなります。


立っているだけで、2kg減量!?

70kgの人が電車に30分乗っている場合、座っている時は70kg×1×0.5=35kcal、立っている時の消費カロリーは70kg×2×0.5=70kcal。往復では、座っていると70kcal、立っていると140kcal消費しています。

たった1日70kcalの違いですが、平日5日間で350kcal、1ヶ月で1400kcal、1年で16800kcalもの消費カロリーの差になってしまいます。脂肪は1kgあたり約7000kcalですから、立っているだけで年間体重2kg分ものカロリーを消費しているのです。


次のページでは、駅や会社、自宅までの歩きでどれくらいカロリーを消費しているかご紹介しましょう。