重い腰は疲れのサイン! 簡単ストレッチでリカバリー

腰は正直。疲れはダイレクトに腰を襲う!
腰は正直、疲れはダイレクトに腰を襲う!
長時間のデスクワークには、誰もが腰のだるさを感じています。腰の疲れや痛みというものは、長時間同じ姿勢をとることで血液のめぐりが悪くなり、さらに、こわばった筋肉が周りの神経を圧迫することから起こるのです。

腰痛持ちの一番多い職業と言えば、 タクシーや長距離トラックのドライバーの方々。常に同じ姿勢での座りっぱなしが、大きな原因です。しかし、私たちの生活もさして変わりありません。社内では、デスクでのPC操作や会議といった、椅子に座るシーンが大半。 しかも、私の知る限り、男性でシャキッと背すじを伸ばしてPCに向かっている人はほとんど見かけません。このような姿勢の悪さも腰に負担をかける大きな要因になっているのです。ちなみに正しい姿勢とは、椅子に深く腰掛け、腰と背中が背もたれにつき、側面では耳、肩の中心、坐骨の結んだ線が一直線になることです。

とは言っても、普段から意識して座るなんてそう簡単にできそうにない……という人は、手軽なストレッチで腰痛予防に努めましょう。今回は、椅子に座った状態で簡単にできる、腰痛防止オフィスストレッチをご紹介します。

では、さっそく次のページから効果抜群のストレッチを始めてみましょう。