“アメリカ”を満喫できる
シボレータホ&フォードエクスプローラースポーツトラック

シボレータホ
2007年にフルモデルチェンジを受け、3代目となるシボレータホ。全長5130mm×全幅2020mm×全高1920mm

もっとゆったりのびのびと、周りに畏敬の眼差しなんか求めることなく、アメリカの牧場にいるかのようにデカイ心でデカイSUVに乗りたいというなら、こちら、シボレータホを。このたび目出たく、三井物産オートモーティブによって輸入販売されることに(ちなみにH2とエスカレードも三井扱い)。エスカレードとは兄弟車だから、サイズ的には同じ。ただし、こちらには気筒休止システム付5.3LV8エンジンが積まれている。325psで4ATだ。

乗った瞬間にアメリカにいる気分に。匂いが既に空港で借りるレンタカー気分にさせてくれる。思い出すのは、何車線ものフリーウェイと数千台の大渋滞、広大な砂漠に強大な建造物、プラスチックとファーストフードの匂い、むっとする地下鉄の湯気やデカくて旨いステーキ、などなど……。

シボレータホ
前席は3人乗りのベンチタイプ(写真)と2人乗りのバケットシートが用意されている

乗り味も素晴らしい、参った。まったりとしていて、かつ芯が通っており、不安も不信も不興もナシ。ただただ気持ちよく、滑るように走る。フットボールママのクルマとして人気だというのが分かる。これなら他人のコドモも安全に快適に運べるというものだ。アメリカが好きで好きでたまらない!という方は、H2やエスカレードよりぜひこちらを。お値段も少しお安い?約700万円。

フォードエクスプローラースポーツトラック
エクスプローラーのホイールベースを延長し、ベッド(荷台)を装備したフォードエクスプローラースポーツトラック。全長5370mm×全幅1870mm×全高1840mm

「もう少しお安くてある程度でかくて実用性もあって、アメリカらしさがいっぱい味わえるSUVって無い?」と問われれば迷うことなくフォードエクスプローラースポーツトラックを挙げておく。V8モデルはあっという間に完売御礼になったが、V6搭載のXLTなら400万円で買える。イマドキ、トラックなんて日本車(三菱にあるね!)でもアメリカっぽい。どうせだったら本場モノを。アウトドアスポーツ派にはたまらない1台。

キャンプとか山とか海とか行かないボクでも、これ買ったらいっぱい遊びたくなるだろうね。そういう気分にさせてくれるという点でも貴重なトラック。うちのスタッフは撮影車に欲しいなんて言っていたけれど!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。