ホノルルの見どころ大集合! ワイキキの観光名所

ホノルルが一望できるプウ・ウアラカア州立公園は、ハワイ屈指のビュースポット

ホノルルが一望できるプウ・ウアラカア州立公園は、ハワイ屈指のビュースポット

定番の名所・旧跡から穴場スポットまで、はじめてのハワイ旅行で行きたいホノルルのみどころを厳選しました。動物園や水族館などファミリー向けスポットは、ハワイサイト「子連れハワイのファンスポット」を参考にしてくださいね。

灯台下暗し?! ワイキキの観光スポット

ハレクラニ前のビーチは「ガヴェヘヴェヘ」と呼ばれるパワースポット。王族たちが病気を癒したり、心身を浄化するためにこの海に入ったといわれている

ハレクラニ前のビーチは「ガヴェヘヴェヘ」と呼ばれるパワースポット。王族たちが病気を癒したり、心身を浄化するためにこの海に入ったといわれている

ホノルル観光へ出掛ける前に、まず、チェックして欲しいのがワイキキの観光スポットです。ホテルやブランドショップが建ち並ぶワイキキにも、ハワイ王国ゆかりの場所が点在。王族の屋敷跡、霊力が宿るビーチなど、新鮮な発見が待っています。

指標を頼りに自分のペースで回ることも。気になるポイントだけ見学してもOK

指標を頼りに自分のペースで回ることも。気になるポイントだけ見学してもOK

こうした歴史スポット23ヶ所にはサーフボードをかたどった指標が建てられており、1番から順番に歩いて回る「ワイキキ・ヒストリック・トレイル」と呼ばれる見学ルート(所要時間約3時間)に。各スポットの日本語解説とトレイルの地図はオアフ観光局のホームページで、また、毎週木曜には日本語ガイドの案内でいつくかのポイントをめぐる2時間のツアーも開催しています。

<DATA>
ワイキキ歴史街道日本語ツアー
TEL:808-258-7328 参加申し込みはホームページ
開催日時:毎週木曜 9:00スタート
集合場所:ワイキキ・ビジネス・プラザ 噴水前
料金:大人5ドル、12才以下無料

残念ながらトレイルを回る時間がない……という人はこちら。これだけは知っておきたい、ワイキキの歴史スポットを紹介しましょう。

ワイキキの観光スポット1 
モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ

モアナホテルの登場でリゾートとしてのハワイの歴史がスタート。現バニアンウイングはアメリカの歴史史物として国家歴史登録財に登録されている

モアナホテルの登場でリゾートとしてのハワイの歴史がスタート。現バニアンウイングはアメリカの歴史史物として国家歴史登録財に登録されている

カラカウア通りで圧倒的な存在感を放つ白亜の宮殿、モアナ・サーフライダーは、1901年にワイキキ初の本格ホテル「モアナホテル」としてオープン。海風が通り抜けるコロニアル調のロビー、バニアンツリーが枝を広げる中庭、そして電動のエレベーターやビリヤードルームなど贅沢な設備が完備されました。

歴史資料が展示されている2階はワイキキの喧騒とは別世界

歴史資料が展示されている2階はワイキキの喧騒とは別世界

現在、モアナホテル部分にあたるバニアンウイングには、当時の面影を残すインテリアやワイキキの歴史を物語る写真、資料が数多く残されています。2階にあるミニ博物館「ヒストリックルーム」は、ホテルの100余年の歴史に静かに浸ることができる穴場スポットです。

<DATA>
MOANA SURFRIDER A WESTIN RESORT & SPA(モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ)
住所:2365 Kalakaua Ave.
TEL:808-922-3111

 

ワイキキの観光スポット2 ロイヤル・ハワイアン

コーラルピンクで彩られた本館はワイキキのシンボル。開業以来各国の大統領やハリウッドスターなど世界のセレブを迎えてきた

コーラルピンクで彩られた本館はワイキキのシンボル。開業以来各国の大統領やハリウッドスターなど世界のセレブを迎えてきた

クラシックな館内。ホテルの歴史を物語る調度品や絵画にも注目

クラシックな館内。ホテルの歴史を物語る調度品や絵画にも注目

「太平洋のピンクパレス」の愛称で知られるロイヤル・ハワイアンは、カリフォルニアから豪華客船でやってきた富豪たちの宿泊施設として、1927年にオープン。スペインムーア様式の本館は、客船時代の華やかなハワイを感じさせるノスタルジックな雰囲気に包まれています。

また、ホテルが建つ場所は、かつて「ヘルモア」と呼ばれ、1万本ものヤシの木が茂る王家のヤシ園でした。その美しさから、ハワイ王国を築いたカメハメハ大王をはじめ、王族たちが住居や別荘を構えたそう。現在はホテルの中庭、ココナッツグローブに約50本のヤシの木が残り、その名残りをとどめています。

<DATA>
THE ROYAL HAWAIIAN (ロイヤル・ハワイアン)
住所:2259 Kalakaua Ave.
TEL:808-923-7311

 

ワイキキの観光スポット3 デューク・カハナモク像

ワイキキで生まれ育ったデューク。少年時代は観光客にサーフィンを教えたり、ビーチの監視や救助をするビーチボーイだった(写真協力:オアフ観光局)

ワイキキで生まれ育ったデューク。少年時代は観光客にサーフィンを教えたり、ビーチの監視や救助をするビーチボーイだった(写真協力:オアフ観光局)

ワイキキの真ん中でビーチを背にして建つ銅像、誰だかわからないまま素通りしていませんか? デューク・パオア・カハナモク(1890~1968)は、ハワイ初のオリンピック金メダリストであり、サーフィンの父と呼ばれたハワイの英雄です。

1927年に第1次世界大戦の戦没慰霊記念として建てられた「終戦記念プール」undefined海水を引いたプールで、デュークも泳いだと言われているが、老朽化が進み長年閉鎖したまま

ワイキキ東の「終戦記念プール」はデュークも泳いだ海水プール。老朽化が進み長年閉鎖したまま

20歳の時に地元の競泳大会で世界記録を更新したことをきっかけに、1911年オリンピックに出場。4大会に出場して、競泳で金メダル3つと銀メダル2つ、水球で銅メダル1つを獲得しました。また、ハリウッド映画に俳優として出演したことが、ハワイやサーフィン人気を高めるきっかけに。晩年はホノルル市郡の保安官を26年間勤め、ハワイの治安維持に貢献しています。

<DATA>
■DUKE KAHANAMOKU STATUE(デューク・カハナモク像)
住所:ワイキキ カラカウア通り ハイアット・リージェンシー前