クルマの制動性能をフルに発揮できない人は意外と多い?

 フルブレーキ
実際に自分のクルマでフル制動を行ったことがないと、いざというときにもABSが作動する領域までフルブレーキを掛けられないことも
前回の記事で取り上げたプリウスのブレーキ・トラブルの騒動で思ったのが、いざというときにもブレーキをしっかり踏めていない人は結構多いのでは? ということです。プリウスのブレーキ・トラブルでは、ABS作動直後に制動力が立ち上がるのが遅いというのが問題となっていましたが、当初トヨタの方ではしっかりとブレーキを踏み増してくれれば、効きは回復すると説明していました。

本来であれば、クルマが止まらない! と感じれば、とっさに強くブレーキを踏み増すと思うのですが、今回の件が大きな問題となったのは、そこでさらに踏み増すということをしなかった人が多かったということの表れだと思います(もちろん、クルマ側に問題がないことが一番ですが)。

メーカーのテストドライバーなど運転に精通している人であれば、しっかりと踏力を掛けてブレーキを踏むというのは極当たり前のことですから、逆に見落としてしまったのかもしれませんが、いざというときに思いっきりブレーキを踏むということができない人は意外と多いものです。

実際、初心者向けのドライビングスクールなどでは、まずしっかりとブレーキを踏み、クルマの持つ制動力を十分に引き出すフル制動という練習を一番に行いますが、一般ドライバーの多くはブレーキを踏む力が弱く、ABSが効くくらい強く踏むようにと指示されても、なかなか一発でそこまで踏める人はいません。

これは単に足の力が弱いというようなことではなく、どのくらいの力でブレーキを踏むと、ABSが効く領域までブレーキを効かせられるか分からないことが一番の原因です。実際、雪道や雨の日にマンホールに乗ったときなど、滑りやすい路面以外で、自分のクルマのABSを作動させたことがあるという人はかなり少ないのではないでしょうか。

つまり、普段の走行では、クルマ本来の制動性能をフルに引き出すということがほとんどないために、いざというときにも必要なだけの力でブレーキを踏むことができないのです。

次ページでは、その対処法を解説します