簡単な取り付けで空気圧のチェックができるエアモニ

 エアモニ
バーストなどのトラブル防止や燃費悪化を防ぐためにも、リアルタイムで空気圧を確認できる空気圧モニターシステムが有効だ
最近のタイヤは低扁平化や高性能化が進んだことで、パンクをしてエアが足りない状況でも、なかなかドライバーが気付きにくいものとなってきています。エアが足りない状態では、バーストの危険が高いばかりか、タイヤの転がり抵抗が増え、燃費の悪化にもつながります。そのため、アメリカやヨーロッパなどではタイヤの空気圧を車内でモニターするシステムの装着がすでに義務化されてきています。

それに対して日本では、まだそこまでタイヤ空気圧の重要性が周知されていないためか、そうした空気圧モニターシステム(以下、TPMS)の普及はまだまだといった状況です。もちろん、国内でも数年前から後付けタイプのTPMSは数社からリリースされており、一部の安全に対する意識の高いユーザーや空気圧をシビアに管理するサーキット走行を行うユーザーなどは、いち早くTPMSを取り入れていると聞きます。

エアモニ製品
プロテクタ
エアモニ
価格/3万9900円 問/プロテクタ
ただ、従来の市販TPMSは価格が高い上に、装着するためには一度タイヤをホイールから外した状態にして、ホイールの内側にセンサーを装着する必要があるなど、装着するにもかなり手間のかかるものでした。そこで今回紹介するのが、そうした従来品に比べて、非常に取り付けが容易で、価格的にも3万9900円と比較的手を出しやすいプライスに設定されたTPMS『エアモニ』です。

センサーの取付
センサーはバルブキャップと交換するだけで装着可能で、脱落防止用のロックナットも装備
まず気になるセンサーの装着方法についてですが、エアモニではホイールのバルブキャップを外し、代わりにセンサーと一体になったエアモニ用のキャップを装着するだけと、非常に簡単です。装着の際には、走行中にセンサー一体式のキャップが緩んで脱落してしまわないように、付属のセルフロックナットで固定します。ただ、ホイールの形状などによっては、センサーの取り付けができない場合もありますので、特殊なホイールの場合は事前にメーカーのHPなどで適合を確認しておいた方がいいでしょう。

モニターのスタンド
モニターは両面テープタイプ(右)と吸盤タイプ(左)の2種類のマウントステーで設置可能だ
車内に設置するモニターは、タバコのケースとほぼ同じくらいの大きさで、付属される2種類のスタンドを使って、見やすい位置に設置が可能です。モニターの電源は、シガーソケットから取ることもできますが、単4電池2本でも作動させることができますから、余計な配線などが煩わしいという人には、乾電池の使用がおススメです。

次ページでは、実際に使用した様子をレポートします