発電量と消費電力のバランスが問題

渋滞路
夏場のトラブルで多いのが、バッテリー上がりです。炎天下で渋滞に巻き込まれたときが、実は最も危険な状態です
バッテリーは温度変化に弱く、特に低温状態ではその機能が著しく低下してしまいます。そのため、冬場にバッテリー上がりのトラブルが多いのは、皆さんご存じのとおりです。では気温が高い夏でも、バッテリートラブルが多いのはなぜでしょうか?

実は暑い時期というのは、単純に電力の消費量が多く、オルタネーターの発電量が消費量に追い付かなくなることでバッテリーの蓄電量が低下してしまうのです。夏場に使う装備で、最も電力消費が多いもの、それはエアコンです。クルマのエアコンは家庭用エアコンなどとは異なり、システムの中核であるコンプレッサーはエンジンの出力によって駆動していますから、基本的には電力を必要としません。では何が電力を消費するのかというと、実は風を送るためのファンが電力を食うのです。

送風用のファンは電気モーターによって回転するのですが、暑い時はとにかく全開、という使い方をしがち。ところが、これがバッテリーに負担を掛けていたのです。そしてもうひとつ、エアコン以外に電力を多く消費するのが、意外にもブレーキランプなのです。後続車にブレーキを操作していることを確実に知らせるため、ブレーキランプは結構消費電力の大きなバルブを使っているのです。

では、このふたつを積極的に使う場面とは……、そう、真夏の高速道路などで渋滞にはまった時です。直射日光が照りつける真夏の車内では、とてもエアコンなしにはいられませんし、渋滞時には必然的にブレーキペダルを踏んでいる時間が長くなります。その上、渋滞時はエンジン回転数が上がらないため、オルタネーターの充電効率も下がります。つまり、発電量が少ない上に、消費電力は多いというバッテリーには本当に過酷な状況なのです。

では、こんな場面でバッテリーの消耗を抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか?
次ページでは電力の消費を抑える方法をご紹介します!